ヴァーツラフ・クラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァーツラフ・クラウス
Václav Klaus
Vaclav-Klaus-02-cropped.jpg

任期 2003年3月7日2013年3月7日

任期 1993年1月1日1997年12月17日

任期 1992年7月2日1992年12月31日

任期 1998年7月17日2002年6月20日

出生 1941年6月19日(72歳)
ベーメン・メーレン保護領の旗 ナチス占領下ボヘミアプラハ
政党 市民民主党

ヴァーツラフ・クラウスVáclav Klaus, 1941年6月19日 - )は、チェコ共和国第2代大統領2003年-2013年)、政治家経済学者

経歴[編集]

プラハ生まれ。1963年に対外貿易専攻でプラハ経済大学を卒業した後、イタリア(1966年)およびアメリカ合衆国(1969年)留学を経て、チェコスロヴァキア科学アカデミー経済研究所研究員となる。1970年、政治的理由のため、チェコ国立銀行に左遷。1988年、科学アカデミー予測研究所指導科学職員。

1989年の共産党体制崩壊(ビロード革命)後、市民フォーラムを結成し、連邦政府蔵相に就任。また1991年には市民民主党を結成し、長年にわたり党首を務める。1991年12月から1992年7月まで副首相。ミルトン・フリードマンマーガレット・サッチャーの経済思想を信奉し、市場経済への移行政策を進めるが、スロヴァキアの反発を招き、連邦解体を決断。

1993年以降も首相の座に留まり、市場経済の導入など体制転換に指導力を発揮したが、1997年に汚職問題が発覚し、内閣総辞職に追い込まれる。1998年総選挙では、社会民主党に第一党の地位を奪われるが、少数与党であったため、社民党との閣外協力と引き換えに下院議長のポストに就任。2002年の総選挙でも党勢を挽回できず、その責任を取る形で党首を辞任(しかし名誉党首として影響力を保持)。

2003年2月28日、ヴァーツラフ・ハヴェルの退任に伴い、第2代大統領に就任。

2007年2月と2008年9月に来日している。

思想[編集]

欧州懐疑主義で知られており、2012年に欧州連合ノーベル平和賞を受賞したことを「冗談かと思った」「悲劇的な過ちである」と酷評している[1][2]

パーソナル[編集]

家族には妻と2児がいる。スキー、テニス、バレーボールが趣味。ロシア語を話す。

著書[編集]

  • 「「環境主義」は本当に正しいか? チェコ大統領が温暖化論争に警告する」、日経BP社、2010年2月 ISBN 978-4822247980

出典[編集]


公職
先代:
ヴァーツラフ・ハヴェル
チェコの旗 チェコ共和国大統領
第2代:2003年 - 2013年
次代:
ミロシュ・ゼマン
先代:
(創設)
チェコの旗 チェコ共和国首相
初代:1993年 - 1997年
次代:
ヨゼフ・トショフスキー
先代:
ペトル・ピトハルト英語版
チェコスロバキアの旗 チェコ社会主義共和国首相
第7代:1992年
次代:
(独立)
議会
先代:
ミロシュ・ゼマン
チェコの旗 チェコ共和国議会代議院議長
第3代:1998年 - 2002年
次代:
ルボミール・ザオラーレク英語版
党職
先代:
(創設)
市民民主党党首
初代:1991年 - 2002年
次代:
ミレク・トポラーネク