山口益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山口 益(やまぐち すすむ、1895年1月27日 - 1976年10月21日)は、仏教学者、元大谷大学学長。京都府京都市生まれ。

経歴[編集]

1927年より1929年までフランスに留学し、梵語チベット語等を学んだ。チベット大蔵経大乗仏典等の文献を研究した。1933年大谷大学教授、1943年に京都大学文学博士 「仏教に於ける無と有との対論」。 1950年より1958年まで大谷大学学長、後に名誉教授。1955年から1961年の間に、『北京版西蔵大蔵経』を影印刊行(鈴木学術財団刊)し、チベット語文献を用いてインド大乗仏教を研究する「仏教チベット学」を提唱した。京都産業大学教授。1962年紫綬褒章1964年文化功労者1965年日本学士院会員。1972年真宗大谷派真宗教学研究所長。

著書[編集]

論文[編集]

先代:
藤岡了淳
大谷大学学長
第15代:1950-1958
次代:
正親含英