小野お通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小野お通(おの の おつう、生没年不詳)は、織豊期から江戸初期の女性。浄瑠璃の嚆矢『十二段草子』の作者と誤伝されてきた謎多き人物である。阿通、於通とも書き、「おづう」とも読む。

人物[編集]

詩歌や琴、書画など万藝に秀でた才女だが、その出自や経歴については諸説ある。生年は1568年(永禄10年)と見られるが、没年は1631年(寛永8年)とする説や、1616年(元和2年)とする説[1]がある。大日本史料によると、美濃国地侍小野正秀の娘で、浅井茶々に仕えたという。あるいは美作国津山城の東、押入下村の岸本彦兵衛の娘とする説[2]や、九条稙通和歌を学び、織田信長豊臣秀吉秀吉夫人に仕えたとする説、豊臣秀次の家人塩川志摩守の妻となり一女を儲けたのち離別し、東福門院新上東門院に仕えたとする説[3]などがある。真田氏ゆかりの広徳寺に墓がある。

娘の宗鑑尼(そうかんに、? - 1679年・延宝7年12月18日没)は、信濃国松代藩第2代藩主真田信政の側室で、長男信就を生んだという[4]

寛永の三筆の一人近衛信尹に書を習ったとされ、当代を代表する女筆、お通流と謳われた。醍醐花見短籍や歌仙手鑑が現存するほか、柿本人丸画像や達磨図の自画賛ものが伝存する[5]

浄瑠璃の起源とされる『十二段草子』(『浄瑠璃物語』ともいう)の作者に擬せられてきたが、浄瑠璃はお通の生前15世紀半ばには成立していたと見られ、作者説は否定されている。また、『十二段草子』中編15本に曲節をつけた改作者とする説が有力になったこともあるが、不特定多数の手になる語り物の性質上、作者や改作者を特定の人物に擬すことは疑問視されている。近世初期、新興の浄瑠璃は賤しめられており、その対抗として、当時の権力者に近い才媛お通が創作者に祭り上げられたと考えられる[6]

登場作品[編集]

派生作品[編集]

文献[編集]

  • 小野お通 / 真田淑子. -- 風景社, 1990.5
  • 小野お通 : 歴史の闇から甦る桃山の華 / 小椋一葉. -- 河出書房新社, 1994.5
  • 小野家の女たち、小町とお通 / 笠原ひさ子. -- 翰林書房, 2001.12

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞1994年12月18日西部版朝刊「歌仙手鑑にかるた絵ルーツ 安土桃山時代の女流書家残す」、朝日新聞1994年12月19日福岡版朝刊「小野お通の筆「歌仙手鑑」、三池カルタ館で公開 27日から」
  2. ^ 『東作誌』、柳田國男「妹の力」
  3. ^ 田口鼎軒「小野お通」
  4. ^ 小野宗鑑尼 - デジタル版日本人名大辞典+Plus - コトバンク
  5. ^ 小野お通 - Yahoo!百科事典
  6. ^ 国史大辞典「小野お通」の項(室木弥太郎執筆)