家島町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
家島町
Ieshima Islands view from Ieshima Himeji Hyogo pref Japan01s.jpg
Flag of Ieshima Hyogo.JPG
家島町旗
Ieshima Hyogo chapter.JPG
家島町章
制定日不明
廃止日 2006年3月27日
廃止理由 編入合併
家島町夢前町香寺町安富町姫路市
現在の自治体 姫路市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
飾磨郡
団体コード 28421-1
面積 20.27km².
総人口 8,053
(2005年6月1日)
隣接自治体 (すべて海上)
姫路市相生市赤穂市たつの市
香川県小豆郡土庄町小豆島町
町の木 ウバメガシ
町の花 ササユリ
他のシンボル 町の鳥:カモメ
町の魚:タイ
家島町役場
所在地 672-8501
兵庫県飾磨郡家島町真浦2137番地1
家島町、県内の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

家島町(いえしまちょう)は、兵庫県飾磨郡にあった2006年3月27日姫路市に編入合併され、消滅した。

地理[編集]

兵庫県の南西部、姫路市から赤穂市の沖合い15 - 18kmの瀬戸内海播磨灘に浮かぶ大小40余の島々から構成される。町民は家島・坊勢島(ぼうぜじま)・男鹿島(たんがしま)・西島の4島に住む。役場のある家島に人口の約6割が集中している。なお、姫路市役所家島事務所によれば、「家島(いえしま)」はかつて(現在も年配者には)「えじま」ともよばれていたという。

隣接していた自治体[編集]

(いずれも海上)

歴史[編集]

  • 1879年(明治12年)家島諸島が揖東郡から飾東郡に編入。
  • 1889年(明治22年)4月 真浦・坊勢浦・宮浦の3地区が合併、周辺の島を併せて家島村が発足。
  • 1928年(昭和3年)11月 町制施行
  • 1934年(昭和9年)9月 室戸台風により帆船漁船が多く損壊
  • 1940年(昭和15年)2月 家島港内に陸軍戦闘機墜落(2名殉職)
  • 1945年(昭和20年)2月 西島全島大火災
  • 1945年(昭和20年)3月 ドイツ軍潜水艦が家島港に入港
  • 1945年(昭和20年)7月 アメリカ軍の空襲により、船舶沈没、負傷者などの被害を出す
  • 1947年(昭和22年)4月 学制改革により家島・坊勢の両小学校、家島中学校、家島中学校坊勢分校発足
  • 1949年(昭和24年)10月 米軍偵察機、男鹿田の浜へ不時着
  • 1950年(昭和25年)9月 家島群島が瀬戸内海国立公園に編入される
  • 1952年(昭和27年)3月 姫路東高等学校家島分校を設置
  • 1957年(昭和32年)4月 役場庁舎新築工事完成
  • 1959年(昭和34年)7月 家島群島総合学術調査が実施され、名誉団長として三笠宮崇仁が来島
  • 1961年(昭和36年)9月 第2室戸台風。家屋に被害が出る
  • 1965年(昭和40年)6月 庁用船「いえしま」進水
  • 1970年(昭和45年)2月 男鹿島で大火災発生、山林の大部分を焼失
  • 1972年(昭和47年)8月 播磨灘で赤潮が大量発生。養殖業に打撃
  • 1973年(昭和48年)12月 海水淡水化施設着工(昭和50年6月完成)
  • 1978年(昭和53年)11月 役場庁舎新築工事完成。町制50周年記念式典
  • 1979年(昭和54年)10月 海水淡水化貯水施設を整備
  • 1982年(昭和57年)5月 兵庫県立「母と子の島の島野外活動センター」開設
  • 1984年(昭和59年)4月 姫路東高等学校家島分校が兵庫県立家島高等学校として独立
  • 1987年(昭和62年)7月 男鹿簡易水道事業完成。全町完全給水となる。
  • 1988年(昭和63年)11月 町制60周年記念式典
  • 1995年(平成7年)1月 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)発生。家島で震度3を記録
  • 2005年(平成17年)客船「ささゆり」引退
  • 2006年(平成18年)3月27日 合併により、姫路市となる。

行政[編集]

歴代町長[編集]

  • 初代:琴塚菊松(昭和3年11月- 2期)
  • 2代:三木尚之(昭和12年8月- 1期)
  • 3代:三木吉四郎(昭和15年12月- 1期)
  • 4代:楠長純(昭和19年12月- 1期)
  • 5代:北沢元輔(昭和22年4月- 1期)
  • 6代:竹内興助(昭和22年12月- 1期)
  • 7代:楠長純(昭和26年12月- 1期)
  • 8代:竹内興助(昭和30年12月- 1期)
  • 9代:高島庄太郎(昭和34年4月- 1期)
  • 10代:島野佐一(昭和37年11月- 1期)
  • 11代:村林順一(昭和41年11月- 1期)
  • 12代:島野佐一(昭和45年11月- 1期)
  • 13代:畑野實雄(昭和48年4月- 2期)
  • 14代:津田教男(昭和52年4月- 1期)
  • 15代:畑野實雄(昭和56年4月- 3期)
  • 16代:橘繁善(平成2年6月- 1期)
  • 17代:鍬方志郎(平成6年9月- 2期)
  • 18代:芝原英三(平成14年4月-平成18年3月)

経済[編集]

昭和30 - 40年には海運・砕石・漁業により離島としては例外的に人口の維持を続けてきたが、島内人口の少子化及び高齢化、慢性的な不況の影響等により各産業の近代化が期待されている。

産業[編集]

  • 海運業、砕石業、水産業、観光業など

地域[編集]

教育[編集]

  • 兵庫県立家島高等学校: 所在地は家島。[1]
  • 家島町立家島中学校: 自主・協力・合理の校訓を三枚羽根のスクリューをモチーフにして校章にしている。所在地は家島。[2]
  • 家島町立坊勢中学校: 所在地は坊勢島。[3]
  • 家島町立家島小学校: 所在地は家島。[4]
  • 家島町立坊勢小学校: 所在地は坊勢島。[5]
  • 家島町立家島幼稚園 : 認可定員は140人。昭和49年に設立。所在地は家島。[6]
  • 家島町立坊勢幼稚園: 認可定員は140人。家島町立坊勢児童館が隣接する。昭和49年に設立。所在地は坊勢島。[7]

現在は町立各校、幼稚園とも姫路市立。

交通[編集]

海上[編集]

  • 高速いえしま(姫路港 - 家島・真浦港:25分)
    運賃 片道:大人1,000円・小人200円
  • 高福ライナー(姫路港 - 家島・真浦港、宮港:30分)
    運賃 片道:大人900円・小人450円
  • 坊勢汽船〔姫路港 - 男鹿島 - 坊勢島 - 母と子の島(西島)〕
    姫路港 - 坊勢島: 45分、姫路港 - 男鹿島: 30分、坊勢島 - 母と子の島間は不定期航路
    運賃
    姫路 - 坊勢 往復:大人1,940円・小人970円 片道:大人1,020円・小人510円
    姫路 - 男鹿 往復:大人1,870円・小人940円 片道:大人980円・小人490円
  • ラピート桂〔姫路港 - 坊勢島 - 母と子の島(西島)〕
    姫路港 - 坊勢島: 30分、坊勢島 - 母と子の島間は不定期航路
    運賃 片道:大人1,000円・小人500円

このほか海上タクシーも利用可能。

道路[編集]

一般県道
兵庫県道425号宮真浦線
兵庫県道426号網手の浜加野線
兵庫県道427号坊勢島線

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身者[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 姫路での一期一会の出会い……そして再会! ジャガー横田ブログ 2011年9月10日付参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]