妻壁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

妻壁(つまかべ)とは、妻側の妻梁以上の外装のを指す。また、流通業界における輸送機器の壁の呼び名としても用いられる。

建築[編集]

ヨーロッパの妻壁(民家・ドイツブランデンブルク州
木連格子の妻壁(二条城二の丸御殿・京都府京都市

入母屋造りや切妻屋根等、棟付近に達する壁のあるものに見られ、宝形造寄棟造の屋根にはない。形状は三角形である例が多い。これに破風板などを含めて破風といいこれらを飾る意匠のことを妻飾り(つまかざり)という[1]

木構造の建築では、大壁の場合、漆喰モルタルなどを塗り篭める塗り壁や、木板や金属板などを張る張り壁、で仕上げられる。屋根裏が閉鎖的な空間の場合は換気口が開けられ、屋根裏に人の立ち入ることができる空間や吹き抜けがある場合はやベランダ等が併設されることがある。

日本の伝統的な建築のものとして、寺院建築では真壁に仕上げることがあり、書院造等では木連格子(きづれごうし)とすることがある。茅葺や藁葺のかまどを併設する農家茶室建築の入母屋屋根の妻は、壁の代わりに開口し格子を設けて「煙ぬき」という換気口とすることがある[2]

車両[編集]

運送車両の妻側(前方)
異る形の運送車両の妻側(後方)

車両の進行・後退する方向(ナンバープレートの付いている前後やストップランプの付いている側)にある壁を指す。別名、妻側(つまがわ)・横手方向(よこてほうこう)とも呼ばれている。物流業界では各種コンテナトラック等の箱型の輸送機器の説明や表現方法として、よく用いられている。

脚注[編集]

  1. ^ 近藤豊著『古建築の細部意匠』大河出版 1972年
  2. ^ 橋場信雄著『建築用語図解図典』理工学社 1970年

関連項目[編集]