失恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

失恋(しつれん)とは、恋する相手への気持ちが成就しないこと。また、恋愛が何らかの形で終止符を打たれることである。その形は様々だが、多くの人は、深い悲しみとショックに陥る。対義語は得恋(とくれん)。

人によっては日常生活にも影響が表れ、食事が喉を通らないなどとなることもある。英語では失恋はBroken Heartという。直訳すると「恋が壊れる」、「心が傷つく」となる。なお、日本ではよく英訳時にHeart Breakという表記も見られる。

失恋のパターン[編集]

おおまかな失恋のパターンは以下の通りである。

告白してフラれた
大半の人の『失恋』のイメージに必ず出てくるのがこのパターンだと言われる。片想いの相手にお付き合いをしたいという旨の告白を試みるが、その気にならない、または他に好きな人がいるという理由で断られてしまうことである。
相手が他の誰かと結ばれた/結ばれていた
好意を寄せている相手が自分ではない他の人に好意を持っていて、その好意を寄せている人も相手に好意を抱いている状態、どちらかが告白し、自分が告白する前に相手に恋人関係が成立するといったもの。もしくは、既に相手に恋人あるいは婚約者がいた場合がある。
恋人に別れを告げられる、または互いが話し合って別れる
両想いであった場合は、付き合っている中で片方が何らかの理由で相手に別れを切り出すという場合がある。
一方的な連絡拒否、または行方不明
相手の連絡先が前触れなく変わる、職場しか連絡先がわからない状態で相手が仕事を辞める、メール・電話の着信拒否や仕事上の取引停止・出入り禁止などで連絡が取れなくなるなど。拒絶の意思が明確に示されないことから未練が残りやすく、失恋した側が再び所在をつかんだ場合はストーカー事件に発展しやすい。
手の届かない相手
身分的に問題がある人(教師と教え子の関係など)、メディア上の有名人(アイドル俳優など)、バーチャルな人物(舞台上の役柄・アニメキャラなど)など、絶対に手の届かない、または恋を成就させるために相当な犠牲を払う覚悟がいる相手に恋をした場合。
死別
片想い両想いを問わず、好意を寄せている相手が死亡した場合。ただし、その好意がいわゆる純愛の域に達している場合、残された当事者本人にとっては失恋として認識されないケースもある。
その他
相手への気持ちを伝える前に、自分には相手を幸せにできない(経済的事情、健康問題など)、脈がないなどと判断し諦めてしまうなど。

失恋による影響[編集]

失恋した後は、ほとんどの人が気分が沈み、泣いたり、その後何日も立ち直れなかったりする。これは人によって様々なので、新しい恋に進もうと、すぐに立ち直れる人もいれば、なかなか立ち直れず、何ヶ月も落ち込んだままの人もいる。中には相手を想いつめるあまり、鬱病強迫性障害摂食障害醜形恐怖症等の精神疾患を伴う例もあり、特に何年か越しの片想いが失われた場合には、自殺を考える人も少なくない(後述)。又、食事が喉を通らないなど日常生活にも影響することもある。好意が過剰になりすぎて、相手やその恋人に復讐をしかけるストーカー行為に及んでしまう例もある。これは負の悪循環である。

負の悪循環を断つには悲しみや事実を受け入れることが重要である。失恋に意味がないことはなく、悲しんだり傷ついたりしながら人間的な成長が得られると言う考えが一般的である。また失恋は新しい恋の始まりであると捉える者も多い。

失恋から立ち直るには[編集]

例としては、以下のものが挙げられる。

  • 芸能人に恋をする。
  • 他のもの、趣味や特技や仕事などに没頭する。
  • 思いっきり泣き、気分をスッキリさせる。
  • カラオケで存分に歌う。海や山に向かって大声を出す。
  • 友達に愚痴などを聞いてもらい、語る。
  • 新しい恋をして、必然的に前の恋の痛手を忘れてしまう。
  • 気分を変えるため旅行をする。
  • 失恋映画を見る。
  • ゲームセンターでゲームをする。
  • ペットを飼う。

このように、周りの友人からのフォローや励ましから、立ち直りへのきっかけを作ることもできる。しかし失恋によって鬱病強迫性障害摂食障害醜形恐怖症等の精神疾患を引き起こされる例もあり、その場合は精神科心療内科などの治療を要する。

そのため、失恋からどのように立ち直っていけばいいのか分からず自殺に発展してしまう場合もある。失恋による自殺は特に若年層に見られ、経験の未熟さ故に、一時的な気分に任せて行為に及んでしまうという。その後もいいパートナーとなれる相手に巡り合うことは十分に可能な時期であるにも関わらず、失恋相手をこの世で唯一無二の存在と過剰に解釈することによるものもある。

そこまでいかずとも、失恋のショックからヤケになり、他人に辛くあたったり、暴飲暴食で体を壊したりするケースがある。

失恋から立ち直るのに必要なのは時間である。人によって立ち直るまでに必要な時間は万別だが、長い月日をかけることにより立ち直っていくことが、失恋において最も効能的であり、最も確実な特効薬であると言われている。企業によってはこれを考慮し「失恋休暇」と称した独自の休業制度を設けるところもある[1]

いずれにせよ、気分を変えようと努め、肉体と精神を労わることが肝心である。

脚注[編集]

  1. ^ Yahoo!辞書 - 失恋休暇

関連項目[編集]