大衆社会党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドの旗 インドの政党
大衆社会党
Bahujan Samaj Party
党首 マーヤーワティー・ナイナー・クマーリー
成立年月日 1984年
ローク・サバー議席数
0 / 545   (0%)
ラージヤ・サバー議席数
14 / 245   (6%)
政治的思想・立場 世俗主義中道左派
公式サイト [1]
テンプレートを表示

大衆社会党(たいしゅうしゃかいとう、ヒンディー語: बहुजन समाज पार्टी: Bahujan Samaj Party, BSP[バフジャン・サマージ・パールティー])は、インド政党多数派社会党 と訳されることもある。

カースト制度の下で厳しく差別されてきたダリット(元不可触民。現在のインドでは指定カーストと呼称される)の解放運動、直接には1978年カーンシー・ラームらによって創設された全インド後進少数コミュニティ被雇用者連盟(BAMCEF)および1982年に創設された被抑圧者社会闘争委員会(DS-4)の運動を踏まえて1984年に結党。またダリット解放の父とされるインド憲法の起草者、アンベードカル・インド初代法務大臣と、彼を創始とするインド新仏教運動の影響も強い。現在の党首はウッタル・プラデーシュ州首相を務めるマーヤーワティー・ナイナー・クマーリー、地域的な主な地盤はウッタル・プラデーシュ州(以後UP州)だが他州にも勢力を広げつつあり、選挙委員会には「全国政党」として登録されている。

政策は「大衆」の福祉や生活向上に力点を置いており中道左派の傾向が強いとみられるが、過去には上層カーストを基盤とするヒンドゥー右派のインド人民党と度々、UP州レベルで連立政権を形成するいっぽう、政策が似る中道左派サマジワディ党(社会党)とは宿敵というべき関係にある。

2004年ローク・サバー(インド下院)総選挙ではUP州の80議席のうち19議席を獲得し躍進。2007年のUP州議会議員選挙では事前の予想を覆して過半数の州議席を獲得し、初めて単独州政権を樹立した。この勝因としては旧来のカーストの枠を超えて上層カーストを積極的に立候補させ、超カースト性をアピールしたことで有権者に安心感を与えたことがあげられる。しかし続く2009年のローク・サバー総選挙では躍進の予想があったものの、微増の21議席にとどまった。2014年連邦議会選挙ではインド人民党の台頭に煽られる形で現有議席を全て喪失する惨敗を喫した。

党のシンボルマークは

外部リンク[編集]