国民民主同盟 (インド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国民民主同盟(こくみんみんしゅどうめい、ヒンディー語:राष्ट्रीय जनतांत्रिक गठबंधन、英語:National Democratic Alliance [略称:NDA])は、インド政党連合インド人民党を中軸とし、1998年から2004年までアタル・ビハーリー・ヴァージペーイー首相の政権を支えた。保守から中道にかけての諸政党をメンバーとする。 2014年に実施された総選挙で同盟は大勝し、首相候補として擁立したナレンドラ・モディが首相に就任した。

現在はヴァージペーイーは名誉議長となっている。

2009年下院選挙[編集]

2009年のローク・サバー(インド下院総選挙においては、次の各党が国民民主同盟の一員だった。

ほかにアソム人民会議がインド人民党と選挙協力を結んだが、国民民主同盟には加わらなかった。

その後[編集]

2011年、全国ローク・ダルが離脱し、与党統一進歩同盟に加わり入閣した。

2013年、ジャナタ・ダル (統一派)がタカ派として知られるグジャラート州首相ナレンドラ・モディが連邦首相候補へ選出されたことに反発し、離脱した。これに伴い同盟のトップ(召集役)であった同党出身のシャラド・ヤーダヴも召集役を辞職した。

このように旧ジャナタ・ダル系の政党から離脱する傾向がある。