喜屋武朝徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
喜屋武朝徳

喜屋武 朝徳(きゃん ちょうとく、1870年12月 - 1945年9月20日)は、沖縄県の唐手(現・空手)家。戦前における空手の大家の一人である。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

喜屋武朝徳は、1870年(明治3年)、喜屋武親雲上朝扶(のち親方位へ陞る)の三男として首里儀保村(現・那覇市首里儀保町)に生まれた。目が小さかったことから「喜屋武(チャン)・目(ミー)小(グヮー)」と呼ばれた。喜屋武家は尚清王(在位1526年 - 1555年)の第十王子、唐名・尚悦敬、羽地王子朝武を元祖とする首里士族であり、その家格は殿内(トゥンチ)と呼ばれ、代々喜屋武間切(現・糸満市喜屋武地区)を領する大名という名家であった。また、父朝扶は、琉球王国末期から明治にかけて活躍した著名な政治家であり、廃藩置県後は尚泰侯爵の家扶を務め、また自身松村宗棍門下としても知られる唐手家でもあった。

武歴[編集]

弟子の練習を見守る喜屋武朝徳(中央)。右は仲里常延

喜屋武朝徳は、幼少の頃にまず父より兄朝弼と共に相撲の手ほどきを受けた。そして、15歳(数え年)の時に父から正式に唐手を師事した。16歳になると、父を介し二年間、松村宗棍の指導を受け五十四歩を教わった。その後は父について上京し、二松学舎(現・二松学舎大学)で三島中州より漢学を学んだ。喜屋武朝徳は東京滞在中も父とともに唐手の鍛錬に励んでいたという。東京には約9年滞在し、26歳の時帰郷した。

帰郷後、喜屋武朝徳は、泊手の大家・松茂良興作、親泊興寛らに師事した。他にも、糸洲安恒、真栄田親雲上らにも師事したとされる。38歳の頃、喜屋武は読谷村牧原に移住して、そこで養蚕や荷馬車引きをしながら生活を維持した。廃藩置県以後は他の没落士族と同様、いかに名家の出であろうと、喜屋武もこのように困窮した生活を送らざるを得なかったのである。しかし、移住したことで、喜屋武は読谷村に住む北谷屋良(チャタンヤラ)(1740年 - 1812年 )の後裔(北谷屋良利正とも[1])から公相君(現・北谷屋良の公相君)の型を学ぶことができた。その後、喜屋武は1910年(明治43年)には読谷村比謝橋に居を構え、沖縄県立農林学校(1945年廃校)、嘉手納警察署などで唐手を指導した。

1924年(大正13年)、喜屋武は那覇の大正劇場で開催された「唐手大演武大会」に、本部朝勇摩文仁賢和らとともに参加した。また、この年、那覇旭が丘に設立された「沖縄唐手研究倶楽部」にも参加。このクラブには、喜屋武の他に本部朝基宮城長順許田重発など、当時の諸大家が参加していた。また、喜屋武は流刑された徳嶺親雲上に師事するために八重山を訪れたが、すでに徳嶺は死去しており師事することはできなかった。その代わり徳嶺から棒術を習った地元の人より「徳嶺の棍」を習うことができた。

晩年[編集]

1930年(昭和5年)、喜屋武は「体と用、試合の心得」という論文を発表、また、同年、比謝橋近くに道場を構えた。昭和12年(1937年)には、「空手道基本型12段」決定に参画。1945年(昭和20年)、喜屋武は石川捕虜収容所で栄養失調のため死去した。享年74。喜屋武朝徳は小柄で痩せた体格から想像するイメージと違って、掛け試しの武勇伝も伝わる実戦唐手家であった。喜屋武の弟子には、新垣安吉、長嶺将真、島袋善良、島袋龍夫、仲里常延らがいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『沖縄空手古武道事典』柏書房、2008年、467頁参照。

参考文献[編集]

  • 長嶺将真『史実と口伝による沖縄の空手・角力名人伝』新人物往来社 ISBN 4404013493
  • 外間哲弘『空手道歴史年表』沖縄図書センター ISBN 4896148894
  • 三木二三郎・高田瑞穂『拳法概説』榕樹書林(復刻版) ISBN 4947667710

関連記事[編集]