松茂良興作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松茂良 興作(まつもら こうさく、1829年 - 1898年)は、琉球王国時代から明治にかけて活躍した唐手(現・空手)家であり、泊手中興の祖と仰がれる人物である。

経歴[編集]

松茂良は、1829年(文政12年)、第一尚氏の流れを汲む泊士族の雍氏・松茂良興典の長男として、泊村(現・那覇市)に生まれた。唐名は雍唯寛(ゆういかん)、童名は樽金。松茂良が生まれた泊村は、琉球第二の貿易港であった。

松茂良は、まず宗久親雲上嘉隆に3年間師事し、泊手のナイハンチを習ったと伝えられる。その後、照屋規箴に師事し、照屋家の歴代墓を道場代わりとして、パッサイ、ワンシュウなどの型を習った。また、松茂良は「フルヘーリン(カーミヌヤーという説もある)」という洞窟に住む中国人からも中国武術を習ったと伝えられる。

松茂良は、ちょうど琉球王国が滅びる動乱期に、その生涯を送った。不正を許さない義士としての性格をもつ松茂良には、乱暴をふるう薩摩の役人に立ち向かって懲らしめた話など、数々の武勇伝が残されている。松茂良は1898年(明治31年)、没した。松茂良の弟子には、本部朝基喜屋武朝徳、伊波興達、山里義輝、久場興保などがいる。

現在松茂良の空手は、本部朝基や喜屋武朝徳の系統、また伊波興達から仲宗根正侑、久場長仁に引き継がれ、それぞれ仲宗根が剛泊会の渡嘉敷唯賢氏に、久場が松茂良流興徳会の屋良朝意氏にも受け継がれている。

参考文献[編集]

  • 長嶺将真『史実と口伝による沖縄の空手・角力名人伝』新人物往来社 ISBN 4404013493
  • 岩井虎伯『本部朝基と琉球カラテ』愛隆堂 ISBN 4750202479

関連項目[編集]