本部朝勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本部朝勇

本部 朝勇(もとぶ ちょうゆう、1857年(安政4年) - 1928年(昭和3年))は、琉球王国末期に生まれた琉球王族であり、本部御殿手古武術の第11代宗家である。弟に唐手(現・空手)家として名高い本部朝基が、直弟子には上原清吉(本部御殿手)、兼島信助(渡山流)、千歳剛直(千唐流)、次男の本部朝茂などがいる。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

本部朝勇は、1857年(安政4年)、本部御殿の当主・本部按司(アジ)朝真の長男として、首里赤平村(現・那覇市首里赤平町)に生まれた。あだ名は、その高貴な血筋から「本部御前(ウメー)」(御前は按司につく尊称)と称された。御殿とは王族の邸宅を意味し、同時にそこに住む王族の尊称であった。本部御殿は尚質王1629年 - 1668年)の第六王子、唐名・尚弘信、本部王子朝平(1655年 - 1687年)を元祖とする琉球王族であり、国王家の分家として、日本の宮家に相当する地位にあった。また、本部御殿は、代々本部間切(現・本部町)を領する大名であり、琉球王国最大の名家の一つであった。

武歴[編集]

本部朝勇は、幼少の頃より本部御殿手を父・朝真より学び、また、当時の首里手の大家であった松村宗棍糸洲安恒らをその邸宅に招いて、唐手を学んだとされる。糸洲が本部御殿で唐手を教え始めたのは、1881年(明治14年)頃からと言われているので、朝勇25歳の時からということになる。初めて唐手を師事するにはやや高い年齢なので、父や松村に師事したのは、それ以前の幼少の頃から10代の頃であったと推定される。おそらく武芸の幅をさらに広げる目的で、当時すでに高名であった糸洲を招聘したのであろう。朝勇は、文武両道に優れ、武術以外にも琉歌琉球舞踊にも優れた教養人であった。

廃藩置県頃には、すでに本部朝勇は同門の屋部憲通とともに、若手の唐手家としてその武名は広く知られ「本部の足蹴り」とまで異名ととるようになる。屋部とともに、泊手の大家・松茂良興作宅へ出かけ、松茂良の力量を試した逸話が伝えられている。また、弟の本部朝基が那覇にあった遊郭・辻町に夜な夜な出かけて、「掛け試し(一種の野試合)」に励んだのも、当初、組手(変手)で兄・朝勇にかなわなかったのが理由とされる。弟の朝基が剛拳である唐手の雄として後年名を成したのに対して、朝勇は当時の著名な諸大家をその邸宅に招いては、唐手のほかに、取手術、剣術馬術など、幅広い武術を網羅的に修行していた。

晩年[編集]

1923年(大正12年)、1924年(大正13年)頃、本部朝勇は那覇に沖縄唐手研究倶楽部を設立して会長に就任した。この倶楽部は、唐手の共同研究を目的として設立されたもので、当時の沖縄の唐手の諸大家が多数参加していた。ここでは、若手の摩文仁賢和宮城長順らが中心的なスタッフとして活躍し、本部は会長として、若手に助言を与えていた。本部はその身分に敬意を表して、参加者から「按司加那志御前(アジガナシメー)」(按司の尊称)と呼ばれていた。

また1924年(大正13年)には、大正劇場(那覇)で開催された唐手大演武大会に出演して、祖堅方範喜屋武朝徳らと共に演武した。この大会は、総勢40名が参加する盛大なものであった。本部朝勇は蹴り技に優れ、「本部の足(ひさ)」、「本部御前の蹴り(きりち)」と讃えられた。琉球武術(沖縄武術)の発展に尽力し、1928年(昭和3年)、病没した。

参考文献[編集]

  • 上原清吉『武の舞 琉球王家秘伝武術「本部御殿手」』BABジャパン出版局 ISBN 4894221845
  • 長嶺将真『史実と口伝による沖縄の空手・角力名人伝』新人物往来社 ISBN 4404013493
  • 外間哲弘『空手道歴史年表』沖縄図書センター ISBN 4896148894
  • 摩文仁賢和・仲宗根源和『空手道入門―攻防拳法』(復刻版)榕樹社 ISBN 4947667311

関連項目[編集]

外部リンク[編集]