摩文仁賢和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
摩文仁賢和

摩文仁 賢和(まぶに けんわ、1889年明治22年)11月14日 - 1952年昭和27年)5月23日)は、沖縄県出身の空手家。空手の四大流派のひとつである糸東流の開祖。

経歴[編集]

摩文仁賢和は1889年(明治22年)に現在の沖縄県那覇市(旧・首里市)に生まれ、13歳で首里手の大家糸洲安恒の門下に入り、その後19歳で那覇手の大家東恩納寛量に師事する。

兵役終了後、警察官として採用される。

1918年大正7年)、自宅を会合所として「空手研究会」を設立。1924年(大正13年)には宮城長順本部朝勇花城長茂知花朝信らと共に沖縄に道場「沖縄空手研究倶楽部」を開く。

1929年(昭和4年)より本土に渡る。本土に渡った後、神伝不動流、不遷流など本土の柔術も学ぶ。

1934年(昭和9年)には大阪で道場「養秀館」を開き、恩師である糸洲安恒と東恩納寛量より一字ずつ取った糸東流を名乗る。

1939年(昭和14年)、大日本武徳会より空手術錬士号を授与される。

1952年(昭和27年)、大阪で没した。享年62。

参考文献[編集]

関連項目[編集]