向谷地生良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

向谷地 生良むかいやち いくよし1955年 - )は、日本ソーシャルワーカー。現在北海道医療大学看護福祉学部臨床福祉学科教授。元浦河赤十字病院ソーシャルワーカー。社会福祉法人浦河べてるの家理事。青森県出身。

妻の向谷地悦子は看護師で「べてるの家」のスタッフ。息子の向谷地宣明(のりあき)は、東京を拠点として「べてるの家」で生み出された当事者研究の活動に携わっている。

人物[編集]

中学生のときに教師から「生意気だから」という理由から体罰を受け学校に行くのをやめる。後にその教師は起訴されている。青森県立三本木高等学校を卒業。福祉の道を志し北星学園大学に入学。大学時代は、親からの仕送りを断り、老人福祉施設に住み込みでアルバイトをし、筋ジストロフィーなどの難病の当事者の支援なども行なった。

大学卒業後、北海道日高にある総合病院浦河日赤病院に精神科専属のソーシャルワーカーとして勤務。患者に住所・連絡先を書いた名刺を配って歩き、24時間どこへでも駆けつけ、精神科を退院して行き場のない当事者たちと共同生活をした。1982年、当時研修医として赴任してきた精神科医川村敏明(第9回若月賞受賞)と出会い、1984年には精神障害を経験した当事者たちの活動拠点べてるの家の設立に関わる。1992年から、べてるの家にSSTを取り入れ、当事者研究などの新しい分野も開拓する。

設立に中心的に関わり、今も理事を務める浦河べてるの家は、厚生労働省および国立精神・神経センターから、三鷹の巣立ち会大阪のさわ病院等と共に、日本の精神保健におけるベストプラクティスのひとつに選ばれている。

関係書籍[編集]

  • 浦河べてるの家『べてるの家の「非」援助論 そのままでいいと思えるための25章』医学書院 2002年 
  • 浦河べてるの家『べてるの家の「当事者研究」』医学書院 2005年
  • 向谷地生良『「べてるの家」から吹く風』いのちのことば社 2006年
  • 向谷地生良『安心して絶望できる人生』NHK出版 2006年
  • 共著『認知行動療法、べてる式。』医学書院 2007年
  • 向谷地生良『べてるな人々 第1集』一麦社 2008年
  • 共著『退院支援、べてる式。』医学書院 2008年
  • 向谷地生良『統合失調症を持つ人への援助論』金剛出版 2008年
  • 共著『ゆるゆるスローなべてるの家 ~ぬけます、おります、なまけます~』大月書店 2009年
  • 編集協力『レッツ!当事者研究 1』コンボ 2009年
  • 向谷地生良『技法以前』医学書院 2009年

外部リンク[編集]