出版デジタル機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社出版デジタル機構
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 郵便番号:101-0054
東京都千代田区神田錦町3-20
錦町トラッドスクエア10階
設立 2012年4月2日
代表者 代表取締役 野副正行
資本金 39億2800万円
主要株主 産業革新機構インプレスホールディングス角川書店勁草書房講談社光文社集英社小学館新潮社筑摩書房版元ドットコム文藝春秋平凡社有斐閣大日本印刷凸版印刷
関係する人物 植村八潮(会長)
外部リンク http://www.pubridge.jp/
テンプレートを表示

株式会社出版デジタル機構は、電子書籍の普及、インフラ整備を目的として設立された企業である[1]。サービス名はpubridge(パブリッジ)。

概要[編集]

2011年9月、インプレスホールディングス勁草書房講談社光文社集英社小学館新潮社筑摩書房東京大学出版会東京電機大学出版局版元ドットコム文藝春秋平凡社有斐閣を中心に、準備会が立ち上げられた[2]、2012年4月2日に株式会社出版デジタル機構が設立された。

設立時には、勁草書房、講談社、光文社、集英社、小学館、新潮社、筑摩書房、版元ドットコム、文藝春秋、平凡社、有斐閣が出資[3]。今後、産業革新機構も最大150億円を出資するほか[4]大日本印刷凸版印刷も出資。

2013年7月、電子書籍取次大手ビットウェイの全株式を取得して子会社化し[5]、同年10月に合併した[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]