内田伸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

内田 伸子(うちだ のぶこ、1946年1月 - )は、日本の心理学者。専攻は発達心理学認知心理学学術博士お茶の水女子大学理事、元副学長。

略歴[編集]

  • 1946年 群馬県沼田市に生まれる。
  • 1968年 お茶の水女子大学文教育学部教育学科卒業。
  • 1970年 お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了。一橋大学社会学部助手。
  • 1976年 お茶の水女子大学文教育学部専任講師。
  • 1980年 お茶の水女子大学文教育学部助教授。
  • 1990年 お茶の水女子大学文教育学部教授。
  • 1998年 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科教授。
  • 2005年~2008年度 お茶の水女子大学副学長。

主な著作[編集]

  • ごっこからファンタジーへ: 子どもの想像世界(新曜社、1986年)ISBN 478850233X
  • 想像力の発達: 創造的想像のメカニズム(サイエンス社、1990年)ISBN 478190601X
  • 子どもの文章: 書くこと考えること(東京大学出版会、1990年)ISBN 413013101X
  • 乳幼児を育てる: 妊娠から小学校入学まで(岡村佳子共著、岩波書店、1995年)ISBN 4000039318
  • 言語発達心理学: 読む書く話すの発達(編著、放送大学学術振興会、1998年)ISBN 4595587619
  • 発達心理学: ことばの獲得と教育(岩波書店、1999年)ISBN 4000260200
  • 子育てに『もう遅い』はありません(成美堂出版、2008年)ISBN 4415400647