伊達斉義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
伊達 斉義
時代 江戸時代
生誕 寛政10年3月7日1798年4月22日
死没 文政11年11月27日1828年1月13日
改名 幼名:吉五郎(田村氏時代)
:田村顕嘉→伊達宗義→伊達斉義
別名 通称:石見(田村氏時代)→藤次郎。正山。
戒名 曹源院殿正山栄宗大居士
官位 従四位下、左近衛権少将、陸奥守
幕府 江戸幕府
陸奥仙台藩
氏族 田村氏伊達氏
父母 父:田村村資、母:脇坂安親の娘
養父:伊達斉宗
正室:伊達斉宗の娘・芝姫
慶邦勁松院微子(伊達斉邦室)、保子伊達邦実室)
養子:斉邦

伊達 斉義(だて なりよし)は、陸奥仙台藩の第11代藩主。伊達氏の第27代当主。

仙台藩第5代藩主・伊達吉村の八男・伊達村良庶長子である陸奥一関藩主・田村村資の四男[1](すなわち吉村の曾孫にあたる)。母は脇坂安親の娘。

経歴[編集]

寛政10年3月7日1798年4月22日)に江戸にて出生する。『寛政重修諸家譜』では幼名を吉五郎と記される[2]。誕生直後、父の村資は隠居し、一関藩は既に養子になっていた宗顕が相続した。

文化9年(1812年)に元服して顕嘉(あきよし)、通称を石見と称した。ふさわしい年齢に達していないという理由に一関藩嗣子とならず、部屋住み身分として一関へ下る。

文政2年4月26日1819年)に一関から仙台城に迎えられ、仙台藩の「藩治を摂関」する。仙台藩から幕府に願いが提出された末に、同年5月25日、嗣子なくして亡くなった第10代藩主・斉宗の娘と婚約、その婿養子という形で第11代藩主に就任した。なお、婚約者の芝姫は当時3歳であった。同年5月27日に氏を田村から伊達に、通称を石見から藤次郎に改める。

同年7月に亡き養父・斉宗より1字を取って諱を宗義(むねよし)と改め、更に8月には江戸に上って徳川家斉御目見して斉義(なりよし)と改名[3]し、従四位少将に叙任し、陸奥守となる。

ちなみに斉宗の後継候補には斉義の他に、仙台藩一門の登米伊達氏伊達宗充[4]の子である幸五郎(のちの伊達斉邦、当時2歳)や同じく仙台藩一門の涌谷伊達氏の源次郎(のちの伊達義基)がいたが、斉宗との血統の近さと年齢から見て斉義が適当だったとされる。

文政9年2月22日(1826年)に斉宗の娘である芝姫と婚礼を挙げるが、文政11年11月27日1828年1月13日)、30歳の若さで江戸で死去した。

後継者問題[編集]

斉義が死去した当時、文政8年9月6日(1825年10月17日)生まれの次男・穣三郎(後の慶邦)がいたが、幼少で御目見が済んでいないため、幕府に家督の相続を認められるのが困難な状況にあり、後継者選定は難航した。

老中水野忠成は仙台藩家臣大條道直(監物)を呼びつけ、当時13歳であった斉義の正室の芝姫に将軍・徳川家斉の子を嫁がせて伊達家養嗣子にし、仙台藩を相続させるように提案がなされた。しかし大条はこれを断り、一族の伊達宗充(長門)の子で、斉義の従弟でかつての藩主後継候補の幸五郎(改め伊達斉邦)が斉義の娘婿となって仙台藩主を相続することとなった。

この斉義の後継者問題の一件は、「仙台叢書 第11巻」や「三百藩家臣人名辞典1」に記されているが、公式記録にはなく、『三百藩藩主人名辞典1』や『仙台市史』には記されていない。

系譜[編集]

  • 正室:蓁子(伊達斉宗の娘)芝姫
  • 側室:美寿(砂沢定栄の娘)
  • 側室:恒子(山本敬勝の娘)

偏諱を与えた人物[編集]

宗義・斉義時代(「義」[3]の字)

脚注[編集]

  1. ^ 実子としては三男である。田村宗顕は養子ではあるが嫡子で、村資の三男として扱われるため、斉義は四男となる
  2. ^ 『仙台叢書』では政五郎となっている。この場合、夭折した長兄の政五郎と同名である。
  3. ^ a b 伊達氏の通字「宗」や「村」を使用すると養父の斉宗(第10代藩主)、その父・斉村(第8代藩主)と同名になるのを避け、(おそらくは伊達家第3代当主義広に由来する)「義」の字を諱の2字目に用いた。また、中村義景・義房の父子は、逆に斉義の偏諱である「義」の字を避け景貞・景房に改名している。
  4. ^ 父・田村村資の実弟にあたる。
  5. ^ ただし『仙台叢書 第一巻』43pの『伊達略系』では生母を延寿院・山本氏恒子としている

参考文献[編集]

  • 『三百藩家臣人名事典 1』(新人物往来社、仙台藩は紫桃正隆の執筆)
  • 『仙台叢書 第一巻』(仙台叢書刊行会、大正11年(1922年)発行)
    • 『伊達略系』
  • 『仙台叢書 第10巻』(鈴木省三、1926年(大正15年))
  • 『仙台叢書 第11巻』(同上)