伊三六一型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊361型潜水艦
Japanese submarine I-363.jpg
艦級概観
艦種 一等潜水艦
艦名
前級
次級
性能諸元
排水量 基準1,440t、常備1,779t
水中2,215t
全長 73.50m
全幅 8.90m
吃水 4.76m
機関 艦本式23号乙8型ディーゼル2基2軸
水上:1,850馬力
水中:1,200馬力
速力 水上:13.0kt
水中:6.5kt
航続距離 水上:10ktで5,000海里
水中:3ktで120海里
燃料 重油:282トン
乗員 55名
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm単装機銃2挺
53cm魚雷発射管 艦首2門、魚雷2本(伊372は未装備)
備考 安全潜航深度:75m
物資搭載量:艦内65トン、艦外20トン
(伊372は艦内90トン、艦外不明、20トン?)[1]

伊三六一型潜水艦(いさんびゃくろくじゅういちがたせんすいかん)は、大日本帝国海軍潜水艦の艦級。潜輸大型(せんゆおおがた)、丁型(ていがた)とも。太平洋戦争末期に輸送任務のために12隻建造され、1944年に竣工した。本来の輸送任務に利用されたほか、7隻が改装を受け回天攻撃にも利用された。9隻が太平洋戦争で戦没、残りは終戦後米軍によって処分された。本級はセイル下部が逆台形になっており、浮上航行時レーダー波を海面にそらすようになっている。これは世界で始めて船体にステルス性を付与した設計である。

概要[編集]

輸送専門の潜水艦は戦前より提案されていたがミッドウェー海戦後の改マル5計画で具体的要求となり本型が計画された。

計画当初は陸戦隊110名、物資10トン、上陸用舟艇2隻を搭載する予定だった。上陸用舟艇は艦の後部、艦の外に搭載する。特四式内火艇を搭載する計画もあった。その後、建造中に仕様変更が行われ、昭和18年には人員搭載をやめ、物資搭載量は艦内125トン、艦外20トンと変更された。更に水中航続力増加の要求から搭載量は艦内65トン、艦外20トンとなった。雷装については「魚雷兵装は当初艦首に2門の計画だったが搭載量増大のために廃止とされた。第1艦(伊361)のみは変更が間に合わず発射管装備のまま竣工している」というのが従来の通説であったが、戦後に行われた設計者や乗組員に対する取材の結果、伊371以前の艦は全艦が魚雷発射管が装備されていることが判明した。伊362艦長 南部伸清(後伊号第四〇一潜水艦艦長)の手記によれば、当初は魚雷発射管の前扉がむきだしの状態で、駆逐艦の全力航走に近い波を立てた。そこで南部が上申し、艦首波を少なくする整流覆いの装着が承認された。それでも艦橋と潜望鏡の振動が激しく、双眼鏡が震えて見張りが非常に難しかったという。

本型は改マル5計画で基本計画番号S51として11隻計画され全艦竣工。更に昭和18年の戦時計画では7隻計画され第1艦は計画S51Bとし、艦内の搭載量を90トンに増大するなど若干設計が改められ伊372として竣工。伊372は日本海軍で初めてシュノーケル装置を搭載したと言われている。

残り6隻はS51Cと計画を改め、こちらは丁型改と呼ばれ伊373だけが竣工した。

昭和20年に入ると大型潜水艦の不足のため、本型も7隻が回天搭載艦に指定されて甲板上の兵装を撤去し、回天を前甲板に2基、後甲板に3基、合計5基を搭載するよう改装された。1月に伊367が、その後伊361、伊363、伊366、伊368、伊370、伊372が順次改装され、回天特別攻撃隊に参加した[2]

終戦時には伊366、伊367、伊369の3艦が残存している。

同型艦[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 数値は『写真 日本の軍艦』の解説より。『艦長たちの軍艦史』によると伊361型の搭載量は艦内65トン、艦外40トンで合計105トン
  2. ^ ただし伊372については、改装されたとする記録はあるものの、回天を搭載して出撃した記録は残っていない。

関連項目[編集]