交響曲第6番 (ヴォーン・ウィリアムズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第6番 ホ短調は、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ1944年から1947年にかけて作曲した交響曲である。作曲者は完成の直前に75歳の誕生日を迎えている。

最初の3楽章の不協和音がつんざく激しい性格のため「戦争交響曲」とも評された。闘争的であり、また皮肉や不気味さが交錯するこれらの楽章には、第二次世界大戦と戦後の混乱が反映しているといえる。しかし全曲の3分の1を占める終楽章は対照的に、終始ピアニッシモで緩やかに演奏される。これは平和の暗示ではなく、夜の静寂、冷たく生命のない世界の沈黙といった性格のものである。

初演は1948年4月21日、ロンドンロイヤル・アルバート・ホールにおけるロイヤル・フィルハーモニック協会主催の演奏会で、サー・エイドリアン・ボールト指揮、BBC交響楽団によって行われた。

楽器編成[編集]

フルート3(第3奏者はピッコロ持ち替え)、オーボエ2、コーラングレクラリネット2、テナー・サクソフォーンバス・クラリネットファゴット2、コントラファゴットホルン4、トランペット4(第4奏者は任意)、トロンボーン3、チューバティンパニ、打楽器群(奏者3人以上:大太鼓小太鼓トライアングルシンバルシロフォン)、ハープ(できれば2)、弦五部

なお、テナー・サクソフォーンとバス・クラリネットは1人の奏者が兼ねても良いが、どちらも欠いてはならないと指定している。

楽曲構成[編集]

4楽章からなる。全曲で約34分との指定があり、全曲は切れ目なく演奏される。

  1. アレグロ
  2. モデラート
  3. スケルツォ アレグロ・ヴィヴァーチェ
  4. エピローグ(モデラート)

参考文献[編集]