二炭酸ジメチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二炭酸ジメチル
識別情報
CAS登録番号 4525-33-1
特性
化学式 C4H6O5
モル質量 134.09
外観 無色透明の液体
密度 1.25 g/ml (液体)
融点

16-18 ℃

沸点

172 ℃

粘度 2.1 Pa·s
危険性
主な危険性 毒性
Rフレーズ R22, R23, R34
Sフレーズ S7/9, S26, S36/37/39, S45
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

二炭酸ジメチル(にたんさんジメチル、Dimethyl dicarbonate、DMDC)は、有機化合物で、炭酸エステルの1つ。刺激臭のある無色透明の液体である。飲料防腐剤または殺菌剤酢酸キナーゼグルタミン酸デカルボキシラーゼ酵素阻害剤として使われている。

飲料に添加されると化学的に次のような反応が起こる。

DMDCはときどき二酸化硫黄の代用品としてワイン保存料に使われ、ブレタノマイセスのような酵母菌を不活発化させる。アメリカアメリカ食品医薬品局では、1998年にDMDCをワインに使用することが承認された。また、ドイツ(1978年から)やニュージーランドでも承認されている。

DMDCはワインの他にコーヒーシードルフルーツワイン蜂蜜酒殺菌にも使われている。

関連項目[編集]