カルバミン酸メチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルバミン酸メチル
Methyl carbamate
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 598-55-0 ×
PubChem 11722
ChemSpider 11229 チェック
KEGG C19445
ChEMBL CHEMBL1085707 チェック
特性
化学式 C2H5NO2
モル質量 75 g/mol
融点

52 °C, 325 K, 126 °F

沸点

177 °C, 450 K, 351 °F

関連する物質
関連物質 ウレタン
カルバミン酸
カルバミン酸エチル
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

カルバミン酸メチル(カルバミンさんメチル、: Methyl carbamate)は化学式C2H5NO2で表される有機化合物。最も簡単なカルバミン酸エステルである。

製法[編集]

アンモニアクロロギ酸メチルまたは炭酸ジメチルとを反応させて得られる。アメリカ合衆国特許2834799号によると、三フッ化ホウ素を使い尿素メタノールを反応させることによっても得られる。天然には、二炭酸ジメチルとともにワインから検出された[1]

安全性[編集]

カルバミン酸エチルと異なり、サルモネラ菌に対する変異原性は持たない(エームズ試験では陰性であった)が、ショウジョウバエに対しては変異原性がみられた[2]。動物実験により、ラットに対しては発癌性が認められるがマウスに対しての発現性は確認されなかった[3]

用途[編集]

繊維産業において、ポリエステル綿混紡織物のプレス仕上げに用いられる[4]

誘導体のN-メチルカルバミン酸-2-(1-メチルプロピル)フェニルは分解性を持つコリンエステラーゼ阻害剤として、殺虫剤として使用される[5]

脚注[編集]

  1. ^ Inchem.org
  2. ^ P. Foureman, J.M. Mason, R. Valencia and S. Zimmering, Environ. Mol. Mutagen., 1994, 23 (1), 51 - 63.
  3. ^ OEHHA
  4. ^ National Toxocology Program
  5. ^ National Pesticide Information Center at Oregon State University

外部リンク[編集]