中迫剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中迫 強
基本情報
本名

中迫 剛

以下K-1時代
通称 サコ
魔界のプリンス
JAPANの貴公子
JAPANの伊達男
階級 ヘビー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1974年1月29日(40歳)
出身地 日本の旗 日本
大阪府豊中市
身長 190cm
体重 98kg
スタイル 空手
テンプレートを表示

中迫 剛(なかさこ つよし、男性、1974年1月29日 - )は、関西のモデル/タレントプロダクション、ジャパンモデルエージェンシーに所属し、芸能活動及びスポーツキャスター、スポーツ振興事業に取り組む、元キックボクサー大阪府豊中市出身。

バックボーンは正道空手(初段)。 K-1ヘビー級ファイターであり、JAPANの貴公子魔界のプリンスのニックネームを持つ。2005年12月18日の試合から中迫 強とリングネームを改名した。

来歴

1998年K-1デビューを果たし、同年のJAPAN GPで準優勝を果たした。佐竹雅昭武蔵に次ぐJAPANのエースと期待されたものの、なかなか結果を残せなかった。

2001年3月17日、K-1 GRADIATORS 2001でグラウベ・フェイトーザと対戦し、左ハイキックでKO負け。

2002年1月27日、2001年WORLD GP王者マーク・ハントと対戦。2Rに右ハイキックを後頭部気味の側頭部に当て、これまで一度もダウンをしたことがなかったハントから生涯初のダウンを奪うも、立ち上がったハントに1R・2R合わせて4度ダウンを奪い返され2RKO負け。敗れはしたもののその素晴らしい気迫と試合ぶりにハントから祝福され、さらには観客席からも大きな声援が起こった。これだけでなく2002年の中迫は、ボブ・サップとの試合で、サップの反則ファイトに真っ向から立ち向かい殴り合ったり(この試合は中迫の反則勝ち)、JAPAN GPで好調に勝ち進み、決勝戦で武蔵と最後まで互角に渡り合った。

だが、その後2003年からまたもや低迷期に入る。2004年は、武蔵不在のJAPANグランプリで優勝候補と言われながら初戦で敗退するなど、散々な結果であった。

2005年6月14日、K-1 JAPAN GPの1回戦で後輩に当たる堀啓と対戦。2001年の子安慎悟戦で見せたような気迫で真っ向勝負を挑んだが、判定負け。試合後のコメントでは「蹴りが右半分見えないから、インファイトをやるしか無かった」と語った。

2005年12月18日、「R.I.S.E. DEAD OR ALIVE TOURNAMENT '05」のスペシャルワンマッチに出場し、百瀬竜徳と対戦しドローに終わる。この試合からリングネームを中迫 強に改名。

2006年6月3日、K-1 WORLD GP 2006 in SEOULで行われたASIA GPに参戦。1回戦でガオグライ・ゲーンノラシンと対戦し、ダウンを奪い判定勝利。3度目の対戦でようやくリベンジを果たした。しかし、準決勝では藤本祐介に足の負傷もあってか、判定負け。

さらに、同年7月に開催された「K-1 REVENGE 2006」でワンマッチで出場し、ビヨン・ブレギーと対戦したが、ブレギーのパワーの前に、ほとんど何もできずに1ラウンドでKO負け。

2007年3月4日、「K-1 WORLD GP 2007 IN YOKOHAMA」でザビット・サメドフと対戦するも判定負け。試合後に「膝に水が溜まり満足に練習出来なかった」とコメントした。

2007年8月11日、「K-1 WORLD GP 2007 IN LAS VEGAS」でアレキサンダー・ピチュクノフと対戦し、判定負け。

2007年12月22日、チームドラゴン主催興行で強太郎レンジャーと対戦し、KO負け。

2008年4月13日、K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMAのオープニングファイトで佐藤匠と対戦し、判定勝ち。

2008年6月29日、K-1 WORLD GP 2008 IN FUKUOKAで行われたK-1 JAPAN GPに出場。1回戦でベルナール・アッカに判定勝ちしたものの、準決勝でエヴェルトン・テイシェイラにダウンを奪われ判定負け。

2014年、関西のモデル/タレントプロダクション、[ジャパンモデルエージェンシー]に所属し、芸能活動及びスポーツ振興事業に取り組む。

人物

  • 「『世界に一つだけの花』は、僕らの世界では綺麗事。一番にならなければ意味が無い」、「鬼になる、ヒールになる」と発言している。
  • ヒップホップ好きで、ファッションも典型的なB-BOYファッションである。空手を始める前はヘヴィメタル好きであった。
  • B級映画漫画への造詣も深い。
  • K-1ブログ最終回では、2008年12月よりイタリアンラウンジ「BANCARA(バンカラ)」のオーナーをしていることを告白[1]
  • ブログやオフィシャルサイトはないが、Twitterでは趣味を中心につぶやいている。
  • 格闘家界きってのサッカーフリーク。2010 FIFAワールドカップでは、産経新聞にてコラム「中迫剛の蹴闘三昧」を連載。

戦績

キックボクシング 戦績
47試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
19 7 11 1 2 0
26 11 15 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× エヴェルトン・テイシェイラ 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2008 IN FUKUOKA
【JAPAN GP 準決勝】
2008年6月29日
ベルナール・アッカ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2008 IN FUKUOKA
【JAPAN GP 1回戦】
2008年6月29日
佐藤匠 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA
【オープニングファイト】
2008年4月13日
× 強太郎レンジャー 2R 3:07 KO(右フック) 燃えろドラゴン! その壱 2007年12月22日
× アレキサンダー・ピチュクノフ 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2007 IN LAS VEGAS
【世界最終予選 1回戦】
2007年8月11日
× ザビット・サメドフ 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2007 IN YOKOHAMA 2007年3月4日
× ビヨン・ブレギー 1R 2:35 KO(3ノックダウン:右膝蹴り) K-1 REVENGE 2006
K-1 WORLD GP 2006 IN SAPPORO
〜アンディ・フグ七回忌追悼イベント〜
2006年7月30日
× 藤本祐介 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2006 IN SEOUL
【ASIA GP 準決勝】
2006年6月3日
ガオグライ・ゲーンノラシン 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2006 IN SEOUL
【ASIA GP 1回戦】
2006年6月3日
百瀬竜徳 3R終了 判定1-0 R.I.S.E. DEAD or ALIVE Tournament '05
【スペシャルワンマッチ】
2005年12月18日
× ガオグライ・ゲーンノラシン 3R終了 判定0-3 新日本キックボクシング協会「TITANS 2nd」 2005年8月22日
× 堀啓 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2005 IN HIROSHIMA
【JAPAN GP 1回戦】
2005年6月14日
× マーク・セルビー 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2005 IN LAS VEGAS
【USA GP 1回戦】
2005年4月30日
× ガオグライ・ゲーンノラシン 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2004 in SEOUL
【ASIA GP 準決勝】
2004年7月17日
イ・ミョンジュ 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2004 in SEOUL
【ASIA GP 1回戦】
2004年7月17日
× ノブ・ハヤシ 3R終了 判定0-3 K-1 BEAST 2004 in SHIZUOKA 〜JAPAN GP 決勝トーナメント〜
【JAPAN GP 1回戦】
2004年6月26日
マーベリック 1R 1:30 KO(右フック) K-1 BEAST 2004 〜新潟初上陸〜 2004年3月14日
× レミー・ボンヤスキー 3R 2:54 KO(3ノックダウン:左ハイキック) K-1 BURNING 2004 〜沖縄初上陸〜 2004年2月15日
× 天田ヒロミ 延長R終了 判定0-3 K-1 SURVIVAL 2003〜JAPAN GP 決勝戦〜
【JAPAN GP 1回戦】
2003年9月21日
× ピーター・アーツ 2R 1:42 KO(2ノックダウン:右ハイキック) K-1 BEAST II 2003 2003年6月29日
× マイク・ベルナルド 2R 1:02 TKO(タオル投入) K-1 BEAST 2003 〜山形初上陸〜 2003年4月6日
× 武蔵 3R+延長2R終了 判定0-3 K-1 ANDY SPIRITS 2002 〜JAPAN GP 決勝戦〜
【JAPAN GP 決勝】
2002年9月22日
藤本祐介 2R 2:18 KO(2ノックダウン:左フック) K-1 ANDY SPIRITS 2002 〜JAPAN GP 決勝戦〜
【JAPAN GP 準決勝】
2002年9月22日
野地竜太 3R終了 判定3-0 K-1 ANDY SPIRITS 2002 〜JAPAN GP 決勝戦〜
【JAPAN GP 1回戦】
2002年9月22日
ボブ・サップ 1R 1:30 反則失格(倒れた相手への攻撃) K-1 SURVIVAL 2002 〜富山初上陸〜 2002年6月2日
× アーネスト・ホースト 1R 1:46 KO(3ノックダウン:パンチ連打) K-1 BURNING 2002 〜広島初上陸〜 2002年4月21日
× マーク・ハント 2R 2:55 KO(3ノックダウン:右フック) K-1 RISING 2002 〜静岡初上陸〜 2002年1月27日
× 武蔵 3R終了 判定0-3 K-1 ANDY MEMORIAL 2001 〜JAPAN GP 決勝戦〜
【JAPAN GP 準決勝】
2001年8月19日
グレート草津 3R終了 判定3-0 K-1 ANDY MEMORIAL 2001 〜JAPAN GP 決勝戦〜
【JAPAN GP 準々決勝】
2001年8月19日
子安慎悟 3R終了 判定3-0 K-1 SURVIVAL 2001 〜JAPAN GP 開幕戦〜
【JAPAN GP 1回戦】
2001年6月24日
× グラウベ・フェイトーザ 2R 0:57 KO(左ハイキック) K-1 GRADIATORS 2001〜新世紀 一撃伝説の幕開け〜 2001年3月17日
× 大石亨 3R終了 判定0-2 K-1 RISING 2001 〜四国初上陸〜 2001年1月30日
× フランシスコ・フィリォ 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2000 in 横浜
【GP予選トーナメント 1回戦】
2000年8月20日
× 安虎 3R 0:45 TKO(タオル投入) K-1 SPIRITS 2000
【JAPAN GP 準々決勝】
2000年7月7日
内田ノボル 3R終了 判定3-0 K-1 SURVIVAL 2000
【JAPAN GP 1回戦】
2000年5月28日
スタン・ザ・マン 5R終了 判定0-1 K-1 BURNING 2000 〜燃えよ日本魂〜 2000年3月19日
マーティン・シモンズ 3R終了 判定3-0 K-1 RISING 2000 〜長崎初上陸〜 2000年1月25日
× ノブ・ハヤシ 3R終了 判定0-2 K-1 SPIRITS '99
【JAPAN GP 準決勝】
1999年8月22日
大石亨 2R終了 判定2-0 K-1 SPIRITS '99
【JAPAN GP 準々決勝】
1999年8月22日
安部康博 2R+延長R終了 判定3-0 K-1 SPIRITS '99
【JAPAN GP 1回戦】
1999年8月22日
トファン・ピラーニ 1R 0:45 KO(右ストレート) K-1 DREAM '99 〜グランプリへの道〜
【スーパーファイト】
1999年7月18日
デューウィー・クーパー 2R 2:44 KO(右ハイキック) K-1 THE CHALLENGE '99 1999年3月22日
× アンディ・フグ 2R 0:22 KO(上段右後ろ回し蹴り) K-1 RISING SUN '99 1999年2月3日
× スタン・ザ・マン 4R 0:30 TKO(ドクターストップ:鼻骨骨折) K-1 JAPAN '98 〜神風〜 1998年10月28日
× 佐竹雅昭 3R終了 判定0-2 K-1 BUSHIDO '98
【JAPAN GP 決勝】
1998年8月28日
滝川リョウ 1R 0:56 KO(右ハイキック) K-1 BUSHIDO '98
【JAPAN GP 準決勝】
1998年8月28日
長井満也 2R 2:55 TKO(2ノックダウン:左ミドルキック) K-1 BUSHIDO '98
【JAPAN GP 1回戦】
1998年8月28日
ピア・ゲネット 2R 2:14 KO(右フック) K-1 BRAVES '98 1998年5月24日

主な獲得タイトル

  • K-1 JAPAN GP 1998 準優勝
  • K-1 JAPAN GP 2002 準優勝

関連項目

脚注

  1. ^ 2011年4月24日放送「クイズ☆タレント名鑑」でも空手家の傍ら飲食店を経営していると話している。

外部リンク