三菱・スペーススター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三菱・スペーススター
前期型
Mitsubishi Space Star silver.jpg
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアトールワゴン
駆動方式 FF/4WD
全長 4,050mm
全幅 1,715mm
全高 1,515mm
ホイールベース 2,500mm
先代 三菱・RVR(海外名:スペースランナー)
-自動車のスペック表-

スペーススター (Space Star) は、かつて三菱自動車工業が欧州市場で販売していた小型MPV、および2013年から販売のコンパクトカーである。

初代[編集]

1998年3月ジュネーヴモーターショーにコンセプトモデルとして出展され[1]、同年10月パリモーターショーにて正式発表された[2]。スペーススターは2005年まで製造が続けられたが、ライフサイクルを通して外観に大きな変化はなく、2002年に小規模なフェイスリフトを受けるのみに留まった。

ボルボとの合弁であったネッドカーで生産され、カリスマおよびボルボ・S40/V40プラットホームを共有していた。

エンジンは1.3L、1.6L、1.8Lの3種類のガソリンエンジンと、ルノー製1.9Lコモンレールディーゼルが用意された。1.8Lは当初はGDIが採用されていたが、2002年に廃止された。

2代目[編集]

2012年よりタイで生産されているミラージュについて、ヨーロッパではスペーススターとして販売される[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]