ヴュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴュ[1](Vu) は、第二次世界大戦前にフランスの Illustres français 社が刊行していたグラフ雑誌である。

1928年3月(第1号、1928年3月21日号)から1940年5月(638号、1940年6月5日号)まで週刊で刊行されており、別冊、特別号等も含めて650冊程度が刊行された。LIFEと並んで、成功を収めたグラフ雑誌としてはもっとも初期のものである。写真を多く主体的に用いて、記事を添えるというタイプの雑誌である。

ヴュを創刊したのは、自身も写真家であるルシアン・ヴォーゲル(Lucien Vogel, 1886年-1954年)である。ちなみに、ヴォーゲルはヴュ創刊前に、ファッション雑誌La Gazette du Bon Ton」 (1912年-1925年) を刊行していた。

ヴュには、アレクサンダー・リーバーマンAlexander LiebermanまたはAlexander Liberman, 1912年-1999年。編集、アート・ディレクション)やアドルフ・ムーロン・カッサンドルグラフィックデザイン)も参加した。VUのロゴは、カッサンドルの手によるものである。

写真の関係で例えばロバート・キャパの代表作であるいわゆる「崩れ落ちる兵士」が最初ヴュに掲載されたり(1936年)と世の注目を受ける作品も多く、社会に対する影響力も大きかった。また、表紙に積極的にフォトモンタージュを使用したことでも知られる。

日本語英語では、ヴュについてのまとまった文献はない。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]