アレクサンダー・リーバーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクサンダー・リーバーマンAlexander Lieberman, Alexander Liberman, Александр Либерман, 1912年1999年)とは、ロシア系アメリカ人アートディレクター写真家彫刻家美術家アレキサンダー・リーバーマンと表記されることもある。

キエフに生まれ、フランスを経由して、アメリカに移る。

第二次世界大戦前から戦後(1940年代から1950年代)にかけて、『ヴュ』誌や『 ヴォーグ』誌のアートディレクターとして活躍。特に『ヴォーグ』swh、ファッション写真の興隆に大きく寄与した。

戦後はむしろ、巨大な抽象的・半抽象的な、屋外彫刻(野外彫刻)を制作して名をなした。日本においては、東京大手町のサンケイビル前や長野県の美ヶ原高原美術館で、その実作品を見ることができる。

参考文献[編集]

写真家としての活動に関する文献としては、次のものが挙げられる。

  • Alexander Liberman, Photographs 1925-1995, THEN, RANDOM HOUSE, 0-679-44524-2, 1995, Preface by Calvin Tomkins

外部リンク[編集]

関連項目[編集]