ロベルト・リッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッター(右、1936年)

ロベルト・リッターRobert Ritter, 1901年5月14日 - 1951年4月15日) は、ドイツ心理学者医師

経歴[編集]

アーヘンに生まれ、1927年に論文「教育における性問題」でミュンヘン大学より教育心理学博士号を、1930年には論文「アレルギー性特異体質の遺伝について」でハイデルベルク大学より医学博士号を受けた。連合国側資料によると、1934年7月に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)に加盟している。1935年、「混血ジプシーの遺伝学的研究」を発表、また教授資格論文として「浮浪者・詐欺師・盗賊の末裔に関する遺伝学的研究」を提出。

1936年帝国衛生局付属人種優生学・人口生物学研究所 (Rassenhygienischen und Bevölkerungsbiologischen Forschungsstelle) に所属。連合国側資料によれば同年に親衛隊に加入している。1941年にはロマ民族に関する研究がナチス・ドイツのロマ虐殺政策を推し進める論拠として使用された。

1942年国家保安本部犯罪生物学研究所 (Criminal Biological Institute) へ、1943年に帝国公衆衛生局への所属を経て、1945年フランクフルト・アム・マイン市公衆衛生局所属。1947年にはフランクフルト市職員となった。

1948年から1950年8月にかけ、ポライモス政策の生存者の依頼によって、フランクフルト検察局はリッターのナチ時代の活動について調査を行った。裁判においてリッターは「ジプシーは現実と空想との区別ができない」と述べ、裁判所は「証人となった“ジプシー”の証言は信憑性に欠ける」として訴訟は中止となった。

1951年4月15日、オーバーウアゼル (Oberursel) のホーエマルク精神診療所 (Hohemark psychiatric clinic) で高血圧合併症により死去。ヘルマン・アーノルト (Hermann Arnold) によって死亡証明書が発行された。

参考文献[編集]

  • 金子マーティン編『「ジプシー収容所」の記憶 ロマ民族とホロコースト』岩波書店1998年
  • Schmidt-Degenhard, Tobias Joachim (2008). Robert Ritter 1901 - 1951. Zu Leben und Werk des NS-"Zigeunerforschers". Tübingen. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]