ルナ18号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルナ18号
Luna-16.jpg
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1971-073A
カタログ番号 05448
状態 運用終了
目的 探査
観測対象
打上げ機 プロトンロケット
(8K82K/11S824)
打上げ日時 1971年9月2日
軌道投入日 1971年9月7日 月軌道
衝突日 1971年9月11日
質量 5600kg

ルナ18号(ロシア語:Луна-18、ラテン文字表記の例:Luna 18)は、1971年9月7日ソビエト連邦によって打ち上げられた月探査機。月に着陸し、月の土壌(月の石)を回収して小型ロケットで地球へ帰還させる計画だったが、着陸に失敗して交信が途絶えた。

概要[編集]

詳細な設計についてはルナ計画や同型機のルナ16号を参照。

ルナ18号はE-8-5(Ye-8-5とも)と呼ばれるタイプの月探査機だった。機体は降下モジュールと上昇モジュールの2つのモジュールから構成され、降下モジュールが月への着陸を、上昇モジュールが月の標本を乗せたカプセルの打ち上げを行った。探査機の打ち上げにはプロトンロケットが使用された。

ルナ18号は1971年9月2日バイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。探査機は高度193x227kmの地球周回軌道に投入され、さらにプロトンロケット上段の噴射により月へ向かった。そして二回の軌道修正の後、1971年9月7日に高度101kmの月周回円軌道に入った。ルナ18号は月を54周回したのちに9月11日にエンジンを噴射し豊かの海への降下を開始したが、着陸と同時に探査機からの信号が途絶え、ミッションは失敗に終わった。

ソ連が行った同様のサンプルリターン・ミッションとして、ルナ15号16号20号23号24号コスモス300号305号がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Luna 18” (英語). NASA - NSSDC. 2008年6月17日閲覧。
  • Luna” (英語). Zarya Web Site. 2008年6月17日閲覧。