コスモス111号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コスモス111号
ルナ10号
コスモス111号と同型のルナ10号
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1966-017A
カタログ番号 02093
状態 運用終了
目的 探査(周回)
観測対象
打上げ機 モルニヤロケット
(8K78M)
打上げ日時 1966年3月1日
消滅日時 1966年3月3日
質量 6540kg(ロケット込み)
軌道要素
周回対象 地球
近点高度 (hp) 182km
遠点高度 (ha) 194km
軌道傾斜角 (i) 51.9度
軌道周期 (P) 88.6分

コスモス111号ロシア語: Космос-111、ラテン文字表記の例:Cosmos 111)は、1966年ソビエト連邦によって打ち上げられた月探査機月周回軌道から月や周辺空間を観測する予定だったが、ロケットの故障のため月へ向かうことはできなかった。表面上はコスモス衛星だが、ルナ計画の一機である。

概要[編集]

コスモス111号は、1ヵ月後に打ち上げられたルナ10号と同じ型の探査機で、月周回機とそれを月まで送るバスモジュールから構成されていた。重量245kgの周回機には7種類の観測装置が搭載されていた。

コスモス111号は1966年3月1日バイコヌール宇宙基地からモルニヤロケットロケットでパーキング軌道に打ち上げられた。続いてモルニヤロケット第4段の噴射により月へ向かう予定だったが、姿勢制御に障害が起きたため不可能となった。探査機はロケットに結合したまま地球軌道に留まっていたが、2日後に大気圏に突入して消滅した。ソ連当局は宇宙機の正体を伏せるためルナの名前を与えず、代わりにコスモス衛星として公表した。

なお、コスモス111号は順調に飛行していれば世界初の人工孫衛星(地球の衛星の衛星)となるはずであった。この目標は次に打ち上げられたルナ10号によって達成されることになる。

参考文献[編集]

  • Cosmos 111” (英語). NASA - NSSDC. 2008年5月30日閲覧。

関連項目[編集]