ルナ14号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルナ14号
Luna-11 12.jpg
ルナ11 - 12 - 14号
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1968-027A
カタログ番号 03178
状態 運用終了
目的 探査(周回)
観測対象
打上げ機 モルニヤロケット
(8K78M)
打上げ日時 1968年4月7日
軌道投入日 1968年4月10日 - 月
質量 1700kg
軌道要素
周回対象
軌道 楕円軌道
近点高度 (hp) 160km
遠点高度 (ha) 840km
離心率 (e) 0.16
軌道傾斜角 (i) 42°
軌道周期 (P) 160分

ルナ14号(ロシア語:Луна-14、ラテン文字表記の例:Luna 14)は、1968年ソビエト連邦によって打ち上げられた月探査機。月を周回しながら観測を行った。

概要[編集]

ルナ14号は月を周回しながら探査を行うように設計された探査機で、ルナ11号ルナ12号と似た設計になっていた。搭載する観測装置の種類はルナ10号と同様のものだったと考えられている。質量は1700kgだった。

1968年4月7日、ルナ14号はバイコヌール宇宙基地からモルニヤロケットによって打ち上げられた。探査機は地球を周回した後にロケットを点火し、月へ向かう軌道に乗った。4月10日、探査機は近点高度160km、遠点高度840kmの月周回軌道に投入された。ルナ14号は月周回軌道上で、月と地球の質量の相互作用・月の重力異常荷電粒子宇宙線・月の動きを調査した。地球との通信の実験も行われた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Luna 14” (英語). NASA - NSSDC. 2008年5月30日閲覧。