ルイ3世・ダンジュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイ3世・ダンジュー(Louis III d'Anjou, 1403年 - 1434年11月12日)は、名目上のナポリ王(1417年 - 1426年)、カラブリア公(1426年 - 1434年)、およびプロヴァンス伯メーヌ伯、アンジュー公(1417年 - 1434年)。ルイ2世・ダンジューヨランド・ダラゴンの長男。イタリア語名はルイージ3世・ダンジョ(Luigi III d'Angiò)。

母ヨランドがアラゴンマルティン1世の姪だったことから、マルティン1世の死によってアラゴン王家が断絶した際に王位継承の候補者の一人とされていたが、カスティーリャ王家(トラスタマラ家)のフェルナンド1世が王位を継承した(カスペの妥協を参照)。

サヴォイア公アメデーオ8世の娘マルゲリータ(マルグリット)と結婚したが子供はなく、31歳で早世した後は弟ルネ・ダンジューが所領を相続した。

先代:
ルイ2世
アンジュー公
プロヴァンス伯
1417年 - 1434年
次代:
ルネ
先代:
カラブリア公
1426年 - 1434年
次代:
ルネ