ルイージ・ルッソロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Luigi Russolo
ルイージ・ルッソロ、1916年頃}
ルイージ・ルッソロ、1916年
基本情報
出生 1885年4月30日
出身地 イタリアの旗 イタリア
死没 1947年2月4日(満61歳没)

ルイージ・ルッソロLuigi Russolo, 1885年4月30日 - 1947年2月4日)はイタリア未来派画家作曲家楽器発明家。『騒音芸術』(1913年)や『未来の音楽』といった著作を残す。

略歴[編集]

ヴェネト地方のポルトグルアーロに生まれる。父親はラティザーナの教会楽長(大聖堂のオルガニストにして聖歌隊の指揮者)であった。兄弟もやはり音楽家になり、そのうち兄アントニオも未来主義の音楽を作曲した。

1901年ミラノに出てブレラ美術館に足繁く通い、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にてレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の修復作業に参加。処女作においては、点描技法を用いて、都会や産業界を幻想的に描き出している。未来派運動を信奉して、未来主義者のフィリッポ・トンマーゾ・マリネッティに近しく師事。

1913年3月11日に論文『騒音芸術(L'arte dei rumori)』を世に問う(このため現在では、電子音楽の最初の理論家として認知されている)。また、実演用に「騒音」を出せる特製の楽器イントナルモーリを発明し、実作する。なお、イントナルモーリという名は、「調律」と「騒音」の合成語で、「調律された騒音機械」といったほどの意味である。不幸にしてイントナルモーリのオリジナルは、第二次世界大戦によって喪われ、現存しない(1986年秋山邦晴により残されていた特許資料などを基に8種が復元された[1])。

1941年から1942年まで画業に復帰し、「古典的モダニズム」と称する画風で描いた。1947年にヴァレーゼ県チェッロ・ディ・ラヴェノにて他界。

ヴァレーゼ県のルッソロ=プラテッラ財団により、未来主義者ルッソロを記念して、電子音楽作曲コンクールが毎年開催されている。ルイージ・ルッソロ電子音楽賞は、電子楽器の分野において最も栄えある賞の一つである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考事項など[編集]

音源[編集]