ルイス・カブラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス・デ・アルメイダ・カブラル
Luís de Almeida Cabral
Luis Cabral.jpg

任期 1974年4月 – 1980年11月14日

出生 1931年4月10日
ポルトガル領ギニア ビサウ
死去 2009年5月30日
ポルトガル
政党 ギニア・カーボベルデ独立アフリカ党(PAIGC)

ルイス・デ・アルメイダ・カブラル(Luís de Almeida Cabral、1931年4月11日 - 2009年5月30日)はギニアビサウ共和国の初代大統領。独立宣言のあった1973年から、軍事クーデターによって失脚させられる1980年までの間、大統領の座についた。

1963年に、ギニア・カーボベルデ独立アフリカ党(PAIGC)は、ポルトガル領ギニアにてポルトガル政権に対する反植民地主義戦争(ギニアビサウ独立戦争)を始めた。1973年にパン・アフリカ主義の知識人でPAIGCの創設者として知られるアミルカル・カブラルギニア共和国コナクリにて暗殺されたが、アミルカルの死後は弟のルイスがリーダーシップを発揮し始めた。

当時、ポルトガル領ギニアおよびカーボベルデ両国の独立戦争を展開していたPAIGCのリーダーシップはアリスティデス・ペレイラ(後のカーボベルデ共和国初代大統領)に移ることになるが、党のギニアビサウ支部はルイス・カブラルを支持した。

ギニアビサウは1973年に独立を宣言、国連加盟国の社会主義国及び非同盟諸国の大半の賛成によって承認され、1974年4月のポルトガルのカーネーション革命によってエスタード・ノーヴォ体制が崩壊すると、同年9月10日にはポルトガルによってギニアビサウ共和国の独立が正式に承認された。ルイス・カブラルは初代大統領となり、ソ連中国だけではなく北欧諸国の支援をも得て、社会主義路線の国家建設が始まった。しかし、アミルカルの死、そして独立後に党内部にある種の疑惑が広がり始め、一部の党員がルイスおよび党の多数派を占めるカーボベルデ系の党員を告発した。そして1980年終わりに当時の首相であり、元軍指揮官のジョアン・ヴィエイラが軍事クーデターによってルイスの追放を企てた。

ルイス・カブラルは逮捕され13ヶ月間拘束された後国外追放され、彼の受入を承認したキューバに亡命した。1984年にポルトガル政府が家族とともに滞在することを許可し、死の時まで当地で過ごした。ルイスは1999年に、ジョアン・ヴィエイラ自身が失脚したのちに約20年ぶりに祖国を訪問した。

関連項目[編集]

公職
先代:
設置
独立
ギニアビサウの旗 ギニアビサウ共和国国家評議会議長
初代: 1974年 - 1980年
次代:
ジョアン・ヴィエイラ