マラム・バカイ・サニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マラム・バカイ・サニャ

マラム・バカイ・サニャ (Malam Bacai Sanhá、1947年5月5日 - 2012年1月9日) は、ギニアビサウの政治家、政治学者。第8代大統領

人物[編集]

1999年5月14日から2000年2月17日まで、大統領代理を務める。2009年の6月~7月に行われた大統領選挙にて、次期大統領に当選し、同年9月8日に就任した。

サニャは、ギニア・カーボベルデ独立アフリカ党の古くからの党員であり、ガブ州およびビオンボ州知事、各種大臣を歴任し、1994年に国民議会議員となる。内戦によってジョアン・ヴィエイラ大統領が亡命した後、大統領選挙が実施されるまでの大統領代理に指名された。

1999年11月28日に実施された大統領選挙の一次投票ではサニャは23.37%の得票率で2位であった。2000年1月16日の決選投票ではクンバ・ヤラ候補の72.0%に対して、サニャは28.0%しか得票できなかった。

2003年の軍事クーデターでヤラが失脚し、暫定政権に移行したのち、2005年6月19日に大統領選挙が実施され、3人の元大統領(サニャ、ヤラ、ヴィエイラ)が、有力候補に挙がっていた。サニャはPAIGCの代表として出馬し、一次投票では35.45%を得票して1位、元大統領のジョアン・ヴィエイラが28.87%で2位であった。 しかし2005年7月24日の二次投票では、サニャは過半数を獲得することができず、ヴィエイラ候補に敗れた。

2009年6月28日の大統領選では、一次投票で過半数を超える候補者がいなかったため、サニャと野党PRS党首のヤラ元大統領による二次投票が2009年7月26日に行われ、サニャが63.52%の得票率(投票率61%)で大統領に選出された。

2012年1月9日、フランス共和国の首都・パリの病院で死去[1]。64歳没。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
公職
先代:
ライムンド・ペレイラ
(代行)
ギニアビサウの旗 ギニアビサウ共和国大統領
第8代:2009 - 2012
次代:
ライムンド・ペレイラ
(代行)
先代:
アンスマネ・マネ英語版
(代行)
ギニアビサウの旗 ギニアビサウ共和国大統領
(代理)1999 - 2000
次代:
クンバ・ヤラ