ラースロー3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラースロー3世

ラースロー3世(III. László, 1199年 - 1205年5月7日、在位:1204年 - 1205年)は、ハンガリー王国アールパード王朝の国王。イムレ1世の長男。母はアラゴン王女コンスタンサ(コンスタンツィア)

1204年、父の死により後を継いで即位したが、翌年に叔父のアンドラーシュ2世に廃位されて、間もなく死去した。

先代:
イムレ1世
ハンガリー王
1204年 – 1205年
次代:
アンドラーシュ2世