ライト・エイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライト・エイド・コーポレーション
Rite Aid Corporation
種類 公開会社
市場情報 NYSERAD
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州イースト・ペンズバロ・タウンシップ
設立 1962年
業種 小売業
事業内容 ドラッグストアチェーン
代表者 メアリ・サモンズ 会長・CEO
従業員数 11万3000人
テンプレートを表示
ライト・エイドの店舗(ノースカロライナ州ダーラム、旧エッカードの店舗)

ライト・エイド(Rite Aid)は、アメリカ合衆国薬局小売チェーンの1つである。

ライト・エイドは東海岸で最大、アメリカ全土で第3位の薬局チェーンで、31州とワシントンDCに5000店以上を展開している。

ライト・エイドは、1962年にペンシルベニア州スクラントンで創業、当時の名前は「スリフト・D・ディスカウント・センター」(Thrif D Discount Center)だった。数年後、現在の名称に変更し、1968年に公開会社public company)となった。本社所在地はペンシルベニア州ハリスバーグキャンプ・ヒルフォーチュン500企業の1つ。主要な競争相手はCVS/ファーマシーウォルグリーン

エッカードとブルックスの吸収合併[編集]

2006年8月3日ウォール・ストリート・ジャーナルは、ライト・エイドがエッカードブルックス・ファーマシーブルックス・エッカード)の両薬局チェーンをケベックジーン・クチュール・グループから34億米ドルで買収し1つの薬局チェーンに統合する、と報じた。いくつかの店舗閉鎖と両チェーンのRite Aidへの転換が行われた後、Rite Aidはアメリカ東部の有力な薬局小売店となり、またCVS/ファーマシー、ウォルグリーンに次ぐ全米第3位の薬局小売店チェーンとなった。

CVSが薬局チェーン・アルバートソンズ(Albertson's)を買収した後にシカゴ都市圏でも見られたように、この買収によっていくつかのライト・エイド店舗同士が近接する結果となった(連邦規制により、23店舗はウォルグリーン、ザ・メディスン・ショップThe Medicine Shoppe)、その他独立店に売却された)。特に2つのチェーンが支配的で発祥の地でもあるペンシルベニア州(ライト・エイドはスクラントン、エッカードはエリー、エッカードが買収した旧スリフト・ドラッグピッツバーグ)では、買収後に2つのライト・エイドが隣接するケースがあった。 しかし2008年3月、それら重複店のいくつかは閉鎖された(別住所への"移転"とされたが、実際には隣接する別のライト・エイド店舗の住所への"移転"だった)。これら閉鎖された店のほとんどは、エッカード買収前からある既存のライト・エイドの店舗だった。これはエッカードがドライブ・スルー併設や大きな店舗面積など、J.C.ペニーおよびジーン・クチュール・グループの下で開発された新しくモダンな店舗を持っていたためである。閉鎖店舗の従業員は近接店舗に配置転換され、レイオフは行われなかった。

J.C.ペニーがエッカードを買収する直前の1990年代中頃、ライト・エイドはいくつかの店舗をJ.C.ペニー傘下のスリフト・ドラッグに売却した。さらに1995年にはマサチューセッツ州の全店舗をブルックスへ売却している。

エッカードはJ.C.ペニーの子会社だったため、エッカードの店舗はJ.C.ペニーのカードを受け付けていた。合併の結果、ライト・エイド全店舗でJ.C.ペニーのカードを受け付けるようになった。

2007年12月ニューヨーク・タイムズはブルックスとエッカードの買収にもかかわらずライト・エイドが記録的な損失を出したと報じた。[1]

出典[編集]

  1. ^ Rite Aid Reports Wider Loss and Lowers Outlook New York Times, December 21, 2007

外部リンク[編集]