ウォルグリーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルグリーン・カンパニー
Walgreen Company
種類 公開会社
市場情報 NYSEWAG
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州ディアフィールド
設立 1901年
業種 小売業
事業内容 ドラッグストアチェーン
代表者 グレゴリー・ウォッソン 社長CEO
売上高  673億ドル(2009)
営業利益  32億5000万ドル(2009)
純利益 21億ドル(2009)
純資産  141億ドル(2009)
総資産  251億ドル(2009)
外部リンク http://www.walgreens.com/
テンプレートを表示
典型的なウォルグリーンの店舗

ウォルグリーン・カンパニー(Walgreen Company)は、「ウォルグリーン」(Walgreens - アポストロフィなしでsが付く)の名称で営業しているアメリカ合衆国薬局チェーンである。メールオーダーサービス、薬剤給付管理事業、そしてスペシャルティ薬局の運営を手掛ける。

ウォルグリーンはアメリカを代表する薬局チェーンの1つで、アラスカ以外の49州とワシントンDCプエルトリコグアムで6491店を展開している(2008年8月31日現在)。また、職場健康センター、在宅医療施設、スペシャルティ薬局、そしてメールオーダーサービスも運営。子会社のテイク・ケア・ヘルス・システム(Take Care Health Systems)は、220の診療所(クリニック)をウォルグリーン店内で営業している。

ウォルグリーンはCVS/ファーマシーと並び[1]、アメリカ最大の薬局チェーンの1つである。[2]同社によると、1日当り500万人の顧客を持ち、2007年会計年度には5億8,300万の処方箋を調合し、2010年までに7000店まで拡大する見込みである。[3]

ウォルグリーンは1901年イリノイ州シカゴで設立され、以来全米に展開している。本社はイリノイ州ディアフィールド

典型的なウォルグリーンの店舗は、1万1000平方フィート(1000平方メートル)の売場面積を含めて1万4500平方フィート(1350平方メートル)である。2万5000アイテムを販売し、通常1店舗当り約25人から30人のスタッフを擁している。年間売り上げは1店舗あたり平均850万米ドル。ほとんどの店舗には薬局、現像所、化粧品カウンター、そして一般商品エリアがある。

ウォルグリーンは2009年にはアラスカ州に初出店する予定で、全50州に展開する全米最大の薬局チェーンとなる。[4]

出典[編集]

  1. ^ ウォルグリーンはCVS/ファーマシーとほぼ同数の店舗を持つ。CVSケアマークは6245店(2007年12月29日現在、薬局以外の施設は含まず)、ウォルグリーンは6252店(2008年5月31日現在)
  2. ^ Walgreen Co. (WAG) Competitors Yahoo! Finance, 2008-03-06
  3. ^ Frequently Asked Questions Walgreens, 2008-03-22
  4. ^ Walgreens to Open First Stores in Alaska in 2009 Walgreen Co., 2008-06-02

外部リンク[編集]