CVS/ファーマシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CVS/ファーマシー
CVS/pharmacy
種類 子会社
略称 CVS
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ロードアイランド州ウーンソケット
設立 1963年5月8日
業種 小売業
事業内容 ドラッグストアチェーン
売上高  370億ドル(2005)
営業利益  20億1900万ドル(2005)
純利益  12億1000万ドル(2005)
従業員数 8万人 (2005)
主要株主 CVSケアマーク・コーポレーション
外部リンク http://www.cvs.com/
テンプレートを表示
典型的なCVS/ファーマシーの店舗(ノースカロライナ州ダーラム

CVS/ファーマシー(CVS/pharmacy、通常CVSと呼ばれる)は、アメリカ合衆国薬局コンビニエンスストアチェーンである。

CVSはアメリカ最大の薬局チェーンの1つで、41州に約6,800店を展開している。CVSケアマークの小売り薬局部門として、CVS/ファーマシー、ロングスドラッグスといった小売店およびcvs.comによるオンライン販売を通じ、処方薬のほか、美容用品、化粧品、写真現像、季節商品、グリーティング・カード、食料品といった一般商品を販売している。また、MinuteClinic、Diabetes Care Centersを通じて、健康管理サービスも提供している。これらの診療所のほとんどはCVS店舗内にある。

CVSケアマーク(CVS Caremark)はデラウェア会社法Delaware General Corporation Law)に基づき設立され、ロードアイランド州ウーンソケットに本社を置いており、ニューヨーク証券取引所に株式を上場している(NYSE: CVS)。1963年マサチューセッツ州ローウェルで創業。2007年にCVSは薬剤給付管理事業大手のケアマーク社と経営統合した。

名前[編集]

CVS/ファーマシーはメルヴィル・カンパニーが1996年にCVS Corporationと名前を変えるまでその子会社だった。

その名前はConsumer Value Stores(消費者価値店舗網)を表すとされてきたが、CEOのトーマス・ライアンは、今は"Customer, Value, and Service"(消費者、価値、サービス)と考えている、と語っている。

アメリカ北東部の地域チェーン時代には、CVSの多くの店舗には薬局がなかった。薬局を持つ店舗が"CVS/ファーマシー"(pharmacy=薬局)と呼ばれるのに対し、これらの店舗は単に"CVS"と呼ばれた。いくつかの地域では、店名にpharmacyが含まれる場合、薬局の設置が必須となっており、今日では薬局なしでは新店舗を開設していない。ニューイングランド地域ニューヨーク州ワシントンDC、そしていくつかのショッピングモールに残る旧来のコンビニエンスストア型店舗は徐々に廃止している。

外部リンク[編集]