ヨセフ・ディーツゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨセフ・ディーツゲンJoseph Dietzgen1828年12月9日1888年4月15日)は、ドイツの独学の社会主義者にして哲学者マルクス主義の創始者の一人に数えられることもある。

カール・マルクスフリードリヒ・エンゲルスとは別個に弁証法的唯物論に到達した。彼の諸著作はウラジーミル・レーニンや多くの革命家たちに大きな影響を与えたが、今日ではその影響力はほとんど忘れ去られている。

主な著作[編集]

  • Das Wesen der menschlichen Kopfarbeit, 1869, (人間の頭脳労働の本質)
  • "The Religion of Social Democracy"
  • "Scientific Socialism" (1873).
  • "The Ethics of Social Democracy" (1875).
  • "Social Democratic Philosophy" (1876).
  • "The Inconceivable: a Special Chapter in Social-Democratic Philosophy" (1877).
  • "The Limits of Cognition" (1877).
  • "Our Professors on the Limits of Cognition" (1878).
  • "Letters on Logic" (addressed to Eugen Dietzgen) (1880-1884).
  • "Excursions of a Socialist into the Domain of Epistemology" (1886).
  • "The Positive Outcome of Philosophy" (1887).

外部リンク[編集]