モションマジャローヴァール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モションマジャローヴァール
Mosonmagyaróvár
Mosonmagyaróvár - Castle.jpg
モションマジャローヴァールの市章
座標 : 北緯47度52分 東経17度16分 / 北緯47.867度 東経17.267度 / 47.867; 17.267
行政
ハンガリーの旗 ハンガリー
  ジェール・モション・ショプロン県の旗 ジェール・モション・ショプロン県
 郡 モションマジャローヴァール郡
モションマジャローヴァール
市長 ナジ・イシュトヴァーン
地理
面積  
  域 85.35 km2
人口
人口 (2010年現在)
  域 32,605人
    人口密度   372.57人/km2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
モションマジャローヴァールの位置(ハンガリー内)
モションマジャローヴァール
ハンガリー内のモションマジャローヴァールの位置
公式ウェブサイト : http://www.mosonmagyarovar.hu/

モションマジャローヴァールハンガリー語:Mosonmagyaróvárドイツ語:Wieselburg-Ungarisch Altenburgヴィーゼルブルク=ウンガリッシュ・アルテンブルク)は、ハンガリー北西部の都市。

地理[編集]

オーストリア国境に位置するモションマジャローヴァールは、M1高速道、オーストリア東部鉄道に近い。ドナウ川の支流ライタ川が流れる。

歴史[編集]

モションマジャローヴァールは、1939年にモション(ヴィーゼルブルク)とマジャローヴァール(ウンガリッシュ・アルテンブルク)が合併して誕生した。

ハンガリー王国時代、最初はモションが、のちにウンガリッシュ・アルテンブルクがヴィーゼルブルク伯領の中心だった。ローマ時代のマジャローヴァールは、Ad Flexumという名の砦があった。アルテンブルクの町は、ドイツにあるアルテンブルクと区別するため、『ハンガリーの』を意味するウンガリッシュが地名に加えられた。

ウンガリッシュ・アルテンブルクは、1809年8月のズノイモ停戦後に第5次対仏大同盟の和平交渉が行われた場所である。

経済[編集]

オーストリア国内で健康保険によって歯科を受診するよりも、さらに安く良い治療が受けられるためモションマジャローヴァールには歯科が多く、重要な産業となっている。

教育[編集]

西ハンガリー大学農学・食物科学学部がある。1818年にテシェン公アルベルトが設立した農学の高等教育機関が、現在の学部に発展した。

出身者[編集]

姉妹都市[編集]