ライタ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライタ川
ライタ川
ライタ川
延長 180 km
水源 ウィーン盆地東部
河口・合流先 ドナウ川モションマジャローヴァール近郊)
流域 ハンガリーの旗 ハンガリー,オーストリアの旗 オーストリア
テンプレートを表示
ライタ川

ライタ川ドイツ語: Leitha, ハンガリー語: Lajta, Lajtha)は、オーストリア東部のウィーン盆地付近を源流として発し、ハンガリーモションマジャローヴァール付近でドナウ川に合流する河川である。

かつてはハンガリー王国オーストリア帝国の国境になっていた。

ライタ川以東を「トランスライタニア」、以西(ハンガリー王国以外のオーストリア帝国の州)を「チスライタニア」といった。ただこれはあくまでオーストリア方面から見た場合であり、ハンガリー語で"lajtántúl"「ライタ川の向こう(ライターントゥール、カタチではトランスライタニア)」といった場合にはオーストリア側を指し、"lajtáninnen"「ライタ川からこちら(ライターニンネン、カタチではチスライタニア)」といった場合はハンガリーを指す。

現在はブルゲンラント州ニーダーエースターライヒ州の州境となっている。

1246年に、バーベンベルク家の最後の君主であるフリードリヒ2世がライタ川付近でハンガリー王国と戦って、戦死を遂げている。

川沿いの主な都市[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]