ウィーン盆地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スロバキア国内にて

ウィーン盆地[1]ドイツ語: Wiener Becken、チェコ語: Vídeňská pánev、スロバキア語:Viedenská kotlina、スロベニア語:Dunajska kotlina)とはアルプス山脈カルパティア山脈の間に存在する堆積盆地である。

地形[編集]

ウィーン盆地の半分以上はオーストリアニーダーエスターライヒ州に存在し、残りの領域は同国ウィーンチェコスロバキアの両国家にも跨っている。また、特にチェコ国内の部分を低モラビア谷、スロバキア国内の部分をザーホリエ低地と呼ぶこともある。

標高が等しい領域は紡錘形をしており、その長さは50kmから200kmに及んでいる。また、地形的には谷がドナウ川の下流、ハンガリー側からの攻撃を守りやすい物となっている。

地質[編集]

ウィーン盆地の地層は主に新第三紀堆積岩によって出来ている。これは海面から引き離される事によって成立し[2]、地震性の地殻変動を経て現在の形に至ったとされる。この地域で起こった有史時代の大きな地震としては、1590年ノイレンバッハ地震があげられ、それ以外にも4世紀中頃にも巨大な地震があり、カルヌントゥムに被害を及ぼしている。

参考文献[編集]

  1. ^ Rees, Henry (1974). Italy, Switzerland and Austria. A Geographical Study. Harrap, London, ISBN 0-245-51993-9.
  2. ^ Plašienka, D., Grecula, P., Putiš, M., Kováč, M. a Hovorka, D., 1997: Evolution and structure of the Western Carpathians: an overview. Mineralia Slovaca - Monograph, Košice, s. 1 – 24

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度12分20秒 東経16度22分26秒 / 北緯48.20556度 東経16.37389度 / 48.20556; 16.37389