メレディス・ガードナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Meredith Gardner o Legend.JPG

メレディス・ノックス・ガードナー(Meredith Knox Gardner 1912年10月20日2002年8月9日)はアメリカ言語学者暗号解読者。20世紀のアメリカの防諜活動部隊の中で最も偉大な人物となった。

略歴[編集]

ミシシッピ州オカローナで生まれ、テキサス州オースティンで育った。オースティンのテキサス大学を卒業した後、1938年から1940年まで補助教員をしていたウィスコンシン大学マディソン校ドイツ語修士を取得した。オハイオ州アクロン大学でドイツ語の言語学者として働いていた時、ドイツ語の暗号解読のためアメリカ陸軍陸軍通信情報局(en:Signals Intelligence Service:SIS)に徴用された。その後すぐに日本語の暗号解読にも携わった。日本語はわずか二三ヶ月で習得した。

1946年に、ガードナーはベノナと呼ばれるソ連暗号解読の極秘プロジェクトに参画した。ソ連の暗号システムワンタイムパッド法を使用しており、そのため解読は困難であると思われていた。 しかし、ソ連は以前に使用したワンタイムパッド法のとあるページを再使用するという誤りを犯したため、ガードナーはその年の内に、暗号内で使用されている英語の綴りを特定することにより、ベノナで最初の暗号解読を行った。

1947年の5月にガードナーは、解読された暗号から、アメリカ合衆国陸軍省参謀として機密情報に接することの出来るアメリカ陸軍航空隊en:William Ludwig Ullman少佐を、ソ連がエージェントとして放っていることがほのめかされていることに気がついた。このことにより、ガードナーが読み取ったソ連国家保安委員会(KGB)の情報が、アメリカにおける多数のソ連のスパイを示しているということが明らかとなった。

ガードナーは1972年に引退したが、彼の業績は1996年まで秘密にされた。ガードナーが引退したときには、ガードナーと彼の同僚がアメリカ国家安全保障局(NSA)アメリカ中央情報局(CIA)en:Center for Democracyから賞されたが、これは米民主党上院議員ダニエル・パトリック・モイニハンの働きかけによるものだった。

ガードナーは、メリーランド州チェビーチェースで2002年8月9日に亡くなった。89歳だった。

関連項目[編集]