メトヘモグロビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メトヘモグロビン(Methaemoglobin)は、酸素を運搬するタンパク質であるヘモグロビンの一種であり、通常のヘモグロビンに配位されている二価(フェロ)のイオンが三価(フェリ)になっているものである。メトヘモグロビンは、酸素を運ぶことができない。チョコレートの茶色に青みがかった色をしている。NADH依存性のシトクロムb5還元酵素(ジアフォラーゼI)は、メトヘモグロビンをヘモグロビンに還元・修復する機能を担っている。

一般の人では、ヘモグロビンの1-2%がメトヘモグロビンである。これよりも数値が高い場合には、遺伝的要因か様々な化学物質への曝露が可能性として考えられ、高い数値の程度に応じてメトヘモグロビン血症として知られている健康問題の原因となる。メトヘモグロビンの数値の数値が高い場合には、実際の酸素飽和濃度に関わらずパルスオキシメーターでは85%近くの数値が出る傾向にある[1]

一般的な原因[編集]

メトヘモグロビンの飽和度[編集]

メトヘモグロビンの飽和度は、メトヘモグロビンのヘモグロビンとのパーセンテージで表現される。以下で言うmetHbとはメトヘモグロビンのことをいう。

1-2%のmetHb 通常

10% 以下のmetHb – 症状なし

10-20% のmetHb – 皮膚の変色のみ(鼻粘膜で最も目立つ)

20-30% のmetHb – 不安頭痛、作業時の呼吸困難

30-50% のmetHb – 疲労、精神錯乱、めまい、頻呼吸、動悸

50-70% のmetHb – 昏睡発作不整脈アシドーシス

70% 以上のmetHb –死亡

メトヘモグロビンの再還元[編集]

メトヘモグロビンは、次のメカニズムでヘモグロビンへ再還元される[3]

シアン化合物中毒の際の治療上の使用[編集]

亜硝酸アミルは、シアン化合物中毒を治療するために処方される。この薬品が気化しやすいことを利用して吸い込ませる方法が主にとられる。15秒おきに15秒間かがせることを、5回繰り返すことにより、シアンはメトヘモグロビンと結合しシアンメトヘモグロビンとなり無毒化される。亜硝酸アミルは、ヘモグロビンをメトヘモグロビンに変えることによって、メトヘモグロビンがシアン化合物と結び付き、シアン化合物よりは毒性のないシアノメトヘモグロビンを形成する[6]

脚注[編集]

  1. ^ Denshaw-Burke, Mary (2006年11月7日). “Methemoglobinema”. 2008年3月31日閲覧。
  2. ^ A. Bakdash, M. Ganswindt, S. Herre, T. Nadulski und F. Pragst (2006). “Lethal Poisoning with p-Nitroaniline”. Toxichem Krimtech 73 (2): 61. http://www.gtfch.org/cms/images/stories/media/tk/tk73_2/Bakdash.pdf. 
  3. ^ a b 石井邦彦「アカタラセミアマウスに一酸化窒素,二酸化窒素曝露時のメトヘモグロビン生成」『岡山医学会雑誌』101(5-6)1989-06,pp473-488
  4. ^ 野菜の硝酸イオン低減化マニュアル 平成18年3月 独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構 野菜茶業研究所
  5. ^ McConkey SE, Grant DM, Cribb AE. (2009). “The role of para-aminophenol in acetaminophen-induced methemoglobinemia in dogs and cats”. J Vet Pharmacol Ther. 32 (6): 585-595. PMID 20444014. 
  6. ^ Vale, J. A. (2001). “Cyanide Antidotes: from Amyl Nitrite to Hydroxocobalamin - Which Antidote is Best?”. en:Toxicology 168 (1): 37–38. 

外部リンク[編集]

関連事項[編集]