ムスタファ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムスタファ1世
ムスタファ1世

ムスタファ1世(Mustafa I, 1592年 - 1639年1月20日)は、オスマン帝国の第15代皇帝(在位:1617年 - 1618年1622年 - 1623年)。メフメト3世の子でアフメト1世の弟。

生涯[編集]

兄の治世中、1603年から1617年の14年もの間幽閉された。1617年に兄が亡くなったため一旦は皇帝に即位したが、翌1618年、精神病のために退位させられることとなった。次に即位した甥のオスマン2世が殺害されたため1622年に再び皇帝となるが、まもなく2度目の退位を強制され、1623年にオスマン2世の弟ムラト4世が即位、47歳で死去するまで16年間の幽閉生活を送らされた。

女が自らの視界に入ることすら忌み嫌うほど極端に嫌悪していて、女を一切自分の側へ寄せつけることはなかったため、皇子女は一人も残していない。