スレイマン2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スレイマン2世
スレイマン2世
スレイマン2世

スレイマン2世(Suleiman II, 1642年4月15日 - 1691年6月23日)は、オスマン帝国の第20代皇帝(在位:1687年 - 1691年)。第18代皇帝イブラヒムの息子でメフメト4世の弟、アフメト2世の兄。

生涯[編集]

即位までの40年間幽閉されていたが、1687年に兄が大トルコ戦争の劣勢の責任を取り退位、帝位を譲られ即位した。賄賂や娯楽を嫌う信仰深く正直な人物で、帝国内の賄賂や暴虐行為に反感を覚え、キョプリュリュ・ムスタファ・パシャ大宰相に登用して管理体制の修復に努めた。在位中の後半の2年間は病床につき1691年に49歳で病死してしまった。弟のアフメト2世が後を継いだ。

参考文献[編集]