ムラト5世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムラト5世
Murat V
オスマン帝国第33代皇帝
Murad V (cropped).JPG
ムラト5世
在位 1876年5月30日 - 1876年8月31日
出生 1840年9月21日
イスタンブル
死去 1904年8月29日
イスタンブル
王家 オスマン家
王朝 オスマン朝
父親 アブデュルメジト1世
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示
ムラト5世
ムラト5世

ムラト5世Murat V, 1840年9月21日 - 1904年8月29日)はオスマン帝国の第33代皇帝(在位:1876年5月30日 - 1876年8月31日)。第31代皇帝アブデュルメジト1世の長男で、アブデュルハミト2世メフメト5世メフメト6世の兄。

生涯[編集]

1876年、叔父の第32代皇帝アブデュルアズィズの退位の後に皇帝に即位した。

1867年の叔父の西欧旅行に随行した経験を持ち、ヨーロッパの事情に明るい人物としてミドハト・パシャらから期待され、「新オスマン人」と呼ばれる立憲派と親しい関係を持ち、時には彼らに援助を与えるようなこともあったとされる。それゆえ、立憲派との関係が叔父に警戒され、長年にわたって監視される生活を送ることとなった。

このような生活の中で酒浸りとなったことから精神を病み、即位後も治癒することなく在位93日で退位させられ、弟のアブデュルハミト2世がその後を継いだ。

退位後はイスタンブルチュラーン宮殿に幽閉され、1904年 8月29日に亡くなった。

関連項目[編集]