マフムト2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マフムト2世
Mahmut II
オスマン帝国第30代皇帝
MahmutII.jpg
マフムト2世
在位 1808年 - 1839年
出生 1785年7月20日
イスタンブール
死去 1839年7月1日
イスタンブール
子女 アブデュルメジト1世
アブデュルアズィズ
父親 アブデュルハミト1世
母親 ナクシディル・スルタン
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

マフムト2世Mahmud II, 1785年7月20日 - 1839年7月1日)は、オスマン帝国の第30代皇帝(在位:1808年 - 1839年)。父は第27代皇帝アブデュルハミト1世、母ナクシディル・スルタンフランス人と言われるが、実際は不詳である。第29代ムスタファ4世の異母弟。アブデュルメジト1世アブデュルアズィズの父。

内外の危機的状況によって帝国の支配が揺らぐ中で即位し、中央集権化と西洋化を軸とする上からの改革を推し進めて帝国の再生をはかった皇帝であり、オスマン帝国における啓蒙専制君主と評価される。

生涯[編集]

即位[編集]

オスマン朝マフムト2世トゥグラによる署名。「アブデュルハミトの息子マフムト・ハン、永遠の勝利者」と読める

1807年、オスマン帝国の西洋化改革に先鞭をつけた従兄のセリム3世イェニチェリによって廃位され、兄ムスタファ4世が即位した。

さらに翌1808年7月、改革推進派の要請を受けたブルガリア北部のアーヤーン(地方名士)、アレムダル・ムスタファ・パシャが蜂起、イスタンブルに入城してムスタファ4世を廃位するという動乱の結果、帝位継承順位が比較的低い年少の皇子であったマフムト2世が即位した。

しかし、その即位は廃位されることを恐れたムスタファ4世が先手を打って、アレムダルの入城に先立ち先帝セリム3世を殺害させていたために、ムスタファ4世に次ぐ帝位継承権保持者である弟のマフムト2世がやむなく担ぎ出されたに過ぎなかった。

イェニチェリとの対立[編集]

マフムト2世を即位させたアレムダルは自ら大宰相に就任し、セリム3世の編成した洋式軍を再建させるなど西洋化改革の復活をはかったが、11月にイェニチェリの蜂起によって殺害された。この時、イェニチェリ反乱の勃発を知ったマフムト2世はすぐさま、廃位・殺害の危険を逃れるため過去の例に倣い、唯一の帝位継承権者である異母兄、廃帝ムスタファ4世を殺害させた。

ムスタファ4世の死によって、マフムト2世が帝位継承権をもつオスマン家唯一の男子になったため、イェニチェリは彼を廃位することができず、マフムト2世は帝位を保った。だが、イェニチェリを中心とする反西洋化改革勢力のもとで政治的には長らく隠忍自重を余儀なくされた。

フランスとの同盟破棄[編集]

マフムト2世が即位した時期は、ヨーロッパにおいてナポレオン戦争の混乱期であった。そしてその趨勢が、反ナポレオン勢力の形勢に傾く時代でもあった。それまでの帝国は、ナポレオン・ボナパルトエジプト遠征ロシア帝国との露土戦争など、帝国はヨーロッパの情勢に巻き込まれ、身動きが取れない状態であった。

さらに、ロシア帝国からの圧力からフランスとの同盟関係にあったオスマン帝国だが、マフムト2世の即位によって、フランスとの同盟関係を廃棄した。この決定に至るまでは定かではない。歴史家の中には、母ナクシディルにまつわるエイメ・デュ・ビュク・ド・リヴェリ伝説と結びつけ、フランスとの決別を提起したと推測するものもあるが、この説は俗説の域を出ていない。

フランス包囲網である対仏大同盟に参画したオスマン帝国だが、当時のヨーロッパの公法はオスマン帝国には適用されず、ウィーン会議にすら出席できなかった。しかも、1806年露土戦争で失ったベッサラビアをロシア帝国に奪われてしまう有様であった。

それでも、大半の帝国領土は名目的には保持され、ヨーロッパ列強の思惑もあり、戦後のウィーン体制の一員として帰結した。

漸進的改革の推進[編集]

マフムト2世

マフムト2世の即位を巡る動乱では、中央政府内の改革派・反改革派に加えて、地方で中央政府から半独立の勢力を誇るアーヤーン達がそれぞれの陣営に加わり、動乱を拡大させていた。

また、その治世は国内的にはフランス革命によって刺激された民族運動の波がオスマン帝国にも押し寄せて帝国内のキリスト教徒諸民族が自立に向けた運動を開始する時期にあたり、対外的には帝国に対するヨーロッパ列強の干渉、特に帝国内に数多抱えるスラヴ人を同胞と捉えるロシア帝国の干渉は次第に激しくなっていた。

このような情勢のもとで、マフムト2世はかつてセリム3世が着手した西洋化改革がオスマン帝国の危機を打開するために不可欠であることを理解していたが、セリム3世、アレムダル・ムスタファ・パシャを相次いで死に追いやったイェニチェリなど反改革勢力の頑強さを思い知っていた彼は、反改革の動きを刺激しないよう慎重に改革を進めていく方針を取っていった。

手始めにマフムト2世は18世紀以来徐々に西洋式の軍事技術が取り入れられつつあった砲兵隊、砲車隊、海軍艦隊などを増強し、装備・艦船の近代化を進めていった。またこの過程で幹部には自身の息のかかった改革派を取り立て、保守派が力を強めないよう意をはかった。

アーヤーンの鎮圧[編集]

マフムト2世は改革を進める一方で、地方において半独立君主のように振舞うアーヤーン達に圧力を加えて政府の統制下に置く努力をはらった。

マフムト2世による同盟関係の切り崩し、財産の没収、軍隊による討伐などを受けたアーヤーンの力は瞬く間に削がれ、帝国の中枢であるバルカンアナトリアでは10年ほどの間にほとんどのアーヤーンが中央政府に屈した。

このようにして、アレムダルの死から18年をかけ、マフムト2世は徐々に皇帝専制・中央集権化に向けて実力を蓄えていった。

イェニチェリの廃止[編集]

マフムト2世

1826年、マフムト2世はついに反改革・保守派勢力の牙城である旧式軍イェニチェリを撃滅する意を決し、新軍団の設立を宣言して、イェニチェリを挑発した。

6月14日、イェニチェリはマフムト2世に対して反乱を起こすが、今回の反乱においてはマフムト2世の側がウラマーから反乱の正当性を否定する意見を取り付けており、イェニチェリは都市の顔役として横暴に振舞うようになっていたため、首都の住民たちの支持を完全に失っていた。

このため、反乱軍は新式の装備を整えられた砲兵隊に猛攻を加えられ、反乱軍は瞬く間に壊滅させられることとなり、反乱は翌15日までに鎮圧された。マフムト2世はこれを機会にイェニチェリを廃止することを布告し、ここに200年以上帝国の実権を握り続けたイェニチェリは歴史は幕を閉じた。

イェニチェリの撃滅によって、西洋化に反対する勢力が完全に払拭されたと見ることは難しいが、長らく漸進的な改革に甘んじつつ皇帝の力を蓄えてきたマフムト2世が、改革を強硬に推進する専制君主へと進む象徴的な事件となる。

上からの近代化改革[編集]

マフムト2世

軍事面では、6月16日にはイェニチェリ廃止の布告とともに、かねてから宣言していた「ムハンマド常勝軍」と名づけた新式軍隊を設立した。ムハンマド常勝軍の総司令官としてセラスケルの職が新設され、オスマン帝国において初めて陸軍が一元的な指揮系統に統合された。

また、長らく形骸化していたもののなおも存続していたティマール制を正式に廃止し、ティマール制によって維持されていた在地騎兵スィパーヒーを解体して陸軍の騎兵隊に統合した。

政治の面では、君主の代理人として絶大な権力をふるってきた大宰相の権限縮小をはかり、外務大臣、内務大臣、財務大臣、司法大臣などの大臣職を置いた。そして、これまで大宰相が主催してきた帝国の最高意志決定機関である御前会議(ディーワーヌ・ヒュマーユーン)は閣議に改められ、オスマン帝国の伝統的政治体制は西洋式の内閣制度に近づけられていった。マフムト2世最晩年の1838年には、大宰相の官名も総理大臣(首相)に変更されている。

保守派の牙城であった宗教勢力に対しては、イェニチェリの廃止と前後してイスラム神秘主義ベクターシー教団を閉鎖させたり、宗教関係者の経済的基盤であるワクフ(寄進財産)を政府の管理下に入れたりすることで、宗教勢力の力を削いでいった。オスマン帝国の宗務行政において、最高の地位にあったシェイヒュルイスラームも、これまでの超然とした地位を改められ、「長老府」と呼ばれる宗務行政の最高官庁の長官とされ、閣議のメンバーに加わえられるなど、政府機構の中に取り込まれていった。

1833年には、ギリシア独立戦争の勃発によってこれまで帝国の通訳官を務めてきたギリシア人が登用できなくなった欠を埋めるために翻訳局が設立され、オスマン帝国の若手官僚の中から、西洋の言語に通じ、通訳官・外交官として活躍できる人材が育成されていった。

また、従来の徒弟制的な家内教育と宗教勢力による学校教育が大勢を占めていた教育の分野も近代化がはかられ、軍医学校、音楽学校、士官学校などの近代的教育機関が創設された。彼らのうちの優秀なものたちは西洋に留学に派遣され、次世代を担うエリート改革官僚層を形成してゆくことになる。

文化の上でも、ムハンマド常勝軍で採用されていた西洋式の制服とトルコ帽1829年に宗教関係の分野を司ってきたウラマーを除く全ての文官にも採用され、オスマン帝国の服制に洋装が取り入れられた。

これらのほかにも、マフムト2世期の重要な改革として、常設大使館の設置、官報の創刊、納税者の全国調査実施、郵便制度の創設などがあげられる。

このように、マフムト2世は様々な改革を専制的に実施し、オスマン帝国近代化の歴史に大きな足跡を残した。しかしその急速な西洋化改革は多くのムスリム(イスラム教徒)国民の反感を招き、マフムト2世は「異教徒の皇帝」とあだ名されたという。

改革の限界(ギリシャの独立・エジプトの自立化)[編集]

マフムト2世

マフムト2世の進めた様々な改革は一定の成果を納めたが、この時代に帝国が抱えていた深刻な内憂外患は、彼の晩年の対外関係をきわめて苦しいものにした。

マフムト2世の専制体制化は長らくオスマン帝国の地方における軍事力を代行していたアーヤーンや陸軍力を担ってきたイェニチェリを滅ぼしたために、一方では一時的な軍事力の弱体化をもたらさざるを得なかった。

1821年に勃発したギリシャ独立戦争ではペロポネソス半島の全域に広がった蜂起を鎮圧しきれず、中央政府から半独立化して独自の西洋化政策を進めていたエジプト総督ムハンマド・アリーの軍事力に大きく依存した。更なる改革の進展は不可避であった。

エジプト総督ムハンマド・アリーの助けまで借りて鎮圧に向け奮闘していたギリシア独立戦争は、1827年にヨーロッパ諸国の介入によりナヴァリノの海戦で大敗を喫し、その独立を認めさせられた。また、この戦争にヨーロッパ諸国が介入したことからオスマン帝国は日常的に列強の干渉を受けるようになり、1829年には帝国の西北端に位置するセルビア公国の自治が承認され、1830年に帝国南西端のアルジェリアがフランスによって占領された。

そして1831年ギリシア独立戦争への参戦で大きな犠牲を払ったムハンマド・アリーが、参戦にあたってマフムト2世から約束されていたシリア総督職が与えられないことに抗議して、エジプト軍をシリアに武力侵攻させる事件が起きた(第一次エジプト・トルコ戦争)。単独でムハンマド・アリーを倒すことのできないマフムト2世は、ギリシア・セルビアの問題で圧迫を受けてきた相手であるロシアを頼り、エジプト問題を列強の介入によりさらに複雑化させた。

1833年、第一次エジプト・トルコ戦争はムハンマド・アリーへのシリア総督職授与で決着したが、報復を期すマフムト2世と、オスマン帝国政府からの自立とシリア方面における権益の拡大を狙うムハンマド・アリーとの間の対立関係は収まらなかった。

再衝突の緊張が高まった1838年、マフムト2世はエジプト問題におけるイギリスの支持を取り付けるため、イギリスの利益に大幅に譲歩して、専売制の廃止、低率の固定関税を定め、オスマン帝国の関税自主権を喪失させる不平等条約を結ぶ道を選んだ。 これにより、イギリスの支持は得られたが、マフムト2世の没後、帝国が半植民地化に向かう直接的な契機はこの時点に求められる。

しかしともかくも、イギリスの支持を得たマフムト2世は、1839年4月に満を持してエジプトとの間に戦端を開き、ムハンマド・アリーの支配する北シリアの要衝アレッポにオスマン帝国軍を向かわせた(第二次エジプト・トルコ戦争)。6月24日、オスマン帝国軍はエジプト軍によって打ち破られ、第二次エジプト・トルコ戦争もまた、ムハンマド・アリーの優位によって進もうとしていた。

この戦争は最終的にイギリスの介入により、1840年7月にオスマン帝国側の優位で決着するが、ムハンマド・アリーにエジプトの世襲権が認められた。 だが、これにより関税自主権のない不平等条約がエジプトにも適用されることになり、エジプトにとってもこの一連の事件は半植民地化の契機となってゆく。

マフムト2世とムハンマド・アリーの激突とその結果は、マフムト2世の改革が同時代のエジプトにおけるムハンマド・アリーによる改革に比べれば十分な結果を残すことができなかったことを意味している。

死とその業績[編集]

第二次エジプト・トルコ戦争のさなかに、既にマフムト2世は健康を害しており、結核の症状を悪化させていた。6月30日、マフムト2世はイスタンブルで病没し、長男のアブデュルメジト1世が後を継いだ。

彼は個人として様々な努力を行ったにもかかわらず、その治世における帝国の軍事的な退潮を押しとどめることはできなかった。しかしながら、彼が引いた近代化改革がなくしては帝国の存続はありえなかったのも確かであり、続く時代のタンジマート改革の基盤として彼が果たした役割は大きい。

参考文献[編集]

  • 新井政美『トルコ近現代史』みすず書房、2001年
  • 岩永博『ムハンマド=アリー 近代エジプトの苦悩と曙光と』清水書院、1984年
  • 永田雄三(編)『西アジア史II イラン・トルコ』山川出版社、2002年
  • 山内昌之『世界の歴史20 近代イスラームの挑戦』中央公論社、1996年