ムスタファ4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムスタファ4世
ムスタファ4世

ムスタファ4世(Mustafa IV. , 1779年9月8日 - 1808年11月15日)は、オスマン帝国の第29代皇帝(在位:1807年 - 1808年)。第27代皇帝アブデュルハミト1世の子でマフムト2世の兄。

生涯[編集]

即位と廃位[編集]

1807年、従兄の第28代セリム3世が西洋化改革を推進したために保守派の反発にあい、イェニチェリによって廃位されたのを受けて擁立され即位した。

しかし、セリム3世の退位によってイスタンブルから退避したセリム3世派の人々は、ブルガリア北部のルーセを支配するアーヤーン(地方名士)・アレムダル・ムスタファ・パシャを頼っていた。彼らの要請を受け入れたアレムダルはセリム3世の復位を掲げて挙兵し、翌1808年7月にイスタンブルに迫った。

ムスタファ4世はセリム3世の復位によって自身の帝位や命が脅かされることを怖れ、幽閉中のセリム3世を殺害させた。イスタンブルに入ったアレムダルらはセリム3世の死を知り、やむなくもう1人の帝位継承権者であるムスタファ4世の異母弟マフムト2世を担ぎ上げて即位させた。弟の即位によってムスタファ4世は廃位され、幽閉された。

[編集]

マフムト2世の治世での実権は大宰相に就任したアレムダルが握ったが、同年11月、アレムダルが手勢を本拠地のルーセに返した隙を突いて反対派のイェニチェリがイスタンブルの大宰相邸を襲い、追い詰められたアレムダルは火薬庫で自爆死を遂げる事件が起こった。

支援者アレムダルの死の報せを受けたマフムト2世は廃位・殺害の危険を逃れるため過去の例に倣い、唯一の帝位継承権者である異母兄ムスタファ4世の処刑を命じた。廃帝ムスタファ4世は4ヶ月の幽閉生活の後に殺害され、遺骸はスルタンアフメット・モスクアフメト1世廟に葬られた。