ミナミシマフクロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミナミシマフクロウ
Brown Fish Owl; Ketupa zelolensis.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: フクロウ目 Strigiformes
: フクロウ科 Strigidae
: シマフクロウ属 Ketupa
: ミナミシマフクロウ
K. zeylonensis
学名
Ketupa zeylonensis
(Gmelin, 1788)
和名
ミナミシマフクロウ
英名
Brown Fish-owl

ミナミシマフクロウ(南島梟、学名:Ketupa zeylonensis)は、フクロウ目フクロウ科に分類される鳥類の一種。ワシミミズク属 Bubo に含めて Bubo zeylonensis とする説もある。 かつては海外に紹介され始めたばかりのシマフクロウを本種の亜種としていた。

分布[編集]

形態[編集]

全長56センチ。胸から腹にかけては赤褐色で、翼と背中、尾羽は茶褐色に白の斑が入る。虹彩は金色。頭部に羽角と呼ばれる耳のような羽を持つ。近縁のシマフクロウと似た外見をしているため、飼育などで日本国内にいる個体がシマフクロウと間違われることもある。

生態[編集]

湖沼河川に隣接した森林に生息する。 食性は動物食で、魚類カエルカニなどを捕食する。夕方から活動を開始し、狩りを行う。 繁殖期はインドのものは2月から5月にかけて、東南アジアのものは12月から5月にかけてで、土手の穴や樹洞などに営巣し、白色無班の卵を1個ないし2個産む。 啼き声は雌雄ともに「ボーボー」または「ブーブー」と低い声で、雄-雌-雄と啼き交わす。

和名について[編集]

かつてはカッショクウオミミズク(褐色魚木菟)と呼ばれることも多く、シマフクロウ保護の第一人者で知られる山本純郎などもこの名称を用いていたが、現在ではシマフクロウと近縁であることから呼ばれる「ミナミシマフクロウ」と呼ばれることが一般的とである(ただし、山本の著書でも「ミナミシマフクロウ」の名は紹介されている)。

参考文献[編集]

  • 上田恵介監修 『小学館の図鑑NEO 鳥』 小学館、2002年、137頁。
  • 山本純郎著 『シマフクロウ』 北海道新聞社、2999年、10-12頁、166-169頁。ISBN4-89453-045-7
執筆の途中です この項目「ミナミシマフクロウ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類