マーティンズビル・スピードウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーティンズビル・スピードウェイ
"The Paperclip"
MartinsvilleSpeedway.jpg
View from turn two bleachers
所在地 Henry County, at 340 Speedway Road
Ridgeway, Virginia, 24148
標準時 GMT-5
収容人数 65,000
所有者 International Speedway Corporation
運営者 International Speedway Corporation
着工 1947年
オープン 1947年
設計者 H. Clay Earles
主なイベント NASCAR スプリントカップ・シリーズ
STP GAS Booster 500
TUMS Fast Relief 500
Oval
路面 Asphalt/Concrete
コース長 .526 マイル (.847 km)
コーナー数 4
バンク数 Turns 12°
Straights 0°
テンプレートを表示

マーティンズビル・スピードウェイ (Martinsville Speedway) はバージニア州マーティンズビル市の南、リッジウェイにあるオーバルトラック。1周0.526マイル(846.5m)。観客席数は6万5000席。そのタイトなコース形状からPaper Clipの愛称で呼ばれる。

1947年製作の非常に古いトラックで、1948年にNASCARで使用開始、翌年には年間6戦を行うほどになっている。

マーティンズビルの市街地からわずか3マイルの所にトラックがあり、一番身近なトラックであると言える。

2009年シーズンはスプリントカップとキャンピング・ワールド・トラック・シリーズが4月と11月の2回開催。ネイションワイド・シリーズは1995年からカレンダーを外れている。

トラックの特徴[編集]

  • コース寸法
個数 長さ バンク角
ストレート 2 800フィート(243.8m)✕2
ターン 4 1177フィート(358.8m) 12°
全長:0.526マイル(846.5m) 路面:アスファルト/コンクリート

短いと言われるブリストルよりさらに短い0.526マイルという長さは、スプリントカップシリーズ最短である。しかもバンクが12度しか無いことから、スプリントカップの予選レコードですら周回平均100mph以下、最高速度120mph(193km/h)弱という最低速トラックである。他にスプリントカップ開催トラックで周回平均100マイルに満たないのはロードコースであるソノマ・レースウェイのみであり、性格としてはロードコースのストレートとヘアピンが交互に訪れる感覚である。

また、ストレートとターンのアウト側はアスファルト、ターンのイン側だけコンクリートという複合サーフェイスのためセッティングは難しい物となる。フルコースコーションが起こった際のピットインは、燃料補給やタイヤの交換と言うよりは、セッティングを調整するためピットインという側面も強い。

シリーズ屈指のハードブレーキトラックのため、右フロントタイヤに大きな加重がかかり、これをバーストさせるマシンが続出する。大抵の場合フルコースコーションでリードが帳消しにされてしまうため、いかに最後の10~20周に向けてマシンを調整し、最後のリスタート前に上位につけ、フィニッシュに向けスパートするかという頭脳プレーが要求される。

ピットレーン入り口はターン3入り口だが、ターン4から既にピットボックスが用意され、ターン2の途中まで続く。そのため序盤と終盤を指定するチームはピットボックスがカーブ途中という難しい場所になる。

レコード[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度38分02秒 西経79度51分04秒 / 北緯36.63389度 西経79.85111度 / 36.63389; -79.85111