シャーロット・モーター・スピードウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Charlotte Motor Speedway
衛星写真
所在地 5555 Concord Parkway South
Concord, North Carolina, 28027
収容人数 140,000
所有者 Speedway Motorsports, Inc.
運営者 Speedway Motorsports, Inc.
着工 1959
オープン 1960
建設費 $125万米ドル
設計者 ブルートン・スミスカーティス・ターナー
旧称 Charlotte Motor Speedway (1960–1998, 2010–present)
Lowe's Motor Speedway (1998–2009)
主なイベント

NASCAR
NHRA フルスロットル・ドラッグレーシング・シリーズ

INEX Raceceiver Legends Car Series
Quad-oval
路面 Asphalt
コース長 1.5 マイル (2.4 km)
コーナー数 4
バンク数 Turns – 24 degrees
Straightaways – 5 degrees
レコードタイム 0:24.49 (トニー・スチュワート, チーム・メナード, 1998, インディカー・シリーズ)
ZMAX Dragway
路面 Asphalt
コース長 0.25 マイル (0.4 km)
The Dirt Track
路面 Clay
コース長 0.4 マイル (0.64 km)
テンプレートを表示

シャーロット・モーター・スピードウェイ: Charlotte Motor Speedway)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州コンコードにあるオーバルトラック。1周1.5マイル(2,400m)。観客席数は16万5000席。敷地内にはドラッグレース用1/4マイルコースやダートオーバルなども存在する。


概要[編集]

1959年製作開始、1960年オープン。1999年2月にロウズ(Lowe's)がネーミングライツを取得し、ロウズ・モーター・スピードウェイと変更された。ロウズとサーキットの間のネーミングライツ契約は2009年まで有効になっていたが、ロウズでは同契約を延長しない方針を発表[1][2]。このため2010年、旧名である現在の名称に再度変更された。別名はThe Beast of the Southeast。

付近にNASCARの本部が存在し、90%のチームが80km圏内にファクトリーを構えていることから、NASCAR発祥の地であるデイトナ・インターナショナル・スピードウェイに続き「第2の聖地」とも呼ばれる。なおサーキット名称には「シャーロット」の名前が冠せられているが、サーキットの場所自体は前述するように北東郊のコンコードである。

NASCAR2009年シリーズはスプリントカップシリーズネイションワイドシリーズが5月と10月の2度開催、キャンピングワールド・トラックシリーズは5月の1回開催。5月開催はシリーズ最長のコカ・コーラ600であるだけでなく、それに加えオールスターへの予選であるスプリント・ショーダウン、そしてスプリント・オールスターレースとビッグイベントが開催されるため、聖地らしい盛り上がりを見せる。

6月のレースウィークはキャンピングワールドトラックシリーズ→ショーダウン→オールスターが初週(ショーダウンとオールスターは同日開催)、ネーションワイドシリーズ→スプリントカップが次週に行われる。

トラックの特徴[編集]

  • オーバルコース寸法
個数 長さ バンク角
フロントストレッチ 1 1980フィート(603.5m)
バックストレッチ 1 1800フィート(548.6m)
ターン 4 4140フィート(1261.9m) 24°
全長:1.5マイル(2414m) 路面:アスファルト

1.5マイルの24度バンククアッドオーバルという形状、そして例によって設置されるホームストレッチとピットレーンをまたぐカートレース用1/4マイルオーバルと、アトランタテキサスと兄弟トラックであると言える。テキサスに比べると全体的にターンがタイトなため、バックストレッチが長くフロントストレッチが短いという点はあるが、レコードタイムはほぼ同一なため、走りやすさ自体はあまり変わらない模様。以前はアウトライン側は使いにくいと言われていたが、マシンがカー・オブ・トゥモロー(CoT)に切り替わった関係もあるのか、アウトラインでもさほど不利では無くなっている。以前はフロントストレッチとバックストレッチが平行で無く、ターン1/2側が緩く、ターン3/4側がきついアールとなっていたが、2005年の改修で平行になるようにされている。

zMAX・ドラッグウェイ[編集]

zMAX・ドラッグウェイは、スピードウェイから10kmの位置にあるドラッグレースコースである。2008年8月に開業した新しいコースで、全面コンクリート舗装、4レーンレイアウトという国内唯一の特徴をもつ。

インディカー[編集]

インディカー・シリーズでは1997年から1999年まで使用していた。しかし1999年にクラッシュで吹き飛んだタイヤが観客席に飛び込み3人死亡、8人重軽傷という事故が起こりレースキャンセル、その後開催は無くなっている。

レコード[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]